【受講者に聞く】トライズの評判と口コミを徹底検証!【体験談有り】

記事更新日: 2019/01/18

ライター: ヨッシー

大手企業のマーケティング部長にインタビュー!

今回トライズ英会話の評判を調査するにあたって、実際にトライズを受講してビジネス英語を話せるようになった、大手企業マーケティング部門の部長さんに話を聞くことができました。

(※注:ご本人は顔出しNGのためイメージ写真でお届けしますが、本当にこんな感じの人です)

ヨッシー

今日はお忙しい中、インタビューに応じてくださり、ありがとうございます。(超緊張…)

 

あくまでも受講者のリアルな声をいただきたいので、受講された素直な感想をいただけたらと思います。

長谷川さん

まぁ、そんなに緊張なさらずに(笑)

 

ヨッシーさんのお役に立てるようであれば嬉しいです。

ヨッシー

そういっていただけて嬉しいです。(低姿勢でめっちゃいい人や…)

 

早速なんですが、色々英会話のスクールがある中で、長谷川さんがトライズを選んだ理由ってなんだったんですか?

長谷川さん

そうですね…私の場合は、主に3つありまして

 

  • トライオンの社長である三木さんのビジョンに惹かれたこと
  • 「やらざるを得ない」環境設計をしたいと思っていたこと
  • ビジネスの現場で使える実践的な英語を学びたかったこと

でしたね。

ヨッシー

(早速、仕事できる人が答えそうな回答が来た…)

 

トライズを仕掛ける三木社長は、もともとソフトバンクの孫さんの元でご活躍なさっていた方なんですよね。

 

それではまずはその「ビジョン」について、お話を始めさせてください。

このページの目次

トライズを創業した三木社長の想い

僕の思う教育の目的は、「ある状況に数式を当てはめて解決できるようになること」であり、「社会人に出てからも本当に役に立つチカラを身に付けていくこと」。そして、教育の先にあるゴールは、自分が社会で役に立ったことを通じて『1人1人がHAPPYになること』。そうなれるよう、日本の教育を変えていく必要がある、と思っています。

ーWantedly「【社長インタビュー】「教育」を通して「HAPPY」を構築したい」より

長谷川さん

私も人を教育する立場にいる人間です。自分の体験としても「誰に教わるのか?」で人生が大きく変わることがあることを知っておりました。

 

ですから自分が英会話スクールを選ぶときは「教育者の想い」が前面に出ているところを選ぼうと思ったのです。

トライズを創業した三木社長は、数々のインタビューの中でトライズの目的として「流暢に話すことは目的にしていない」ことを強調されています。

それは三木社長のソフトバンク時代の経験にありました。孫さんの元で仕事していた三木社長は、孫さんの話す「決して流暢とは言えないジャパニーズイングリッシュ」をみて、「伝わる」「使える」英語を話せる必要性を感じたと言います。

次の動画は、海外の人たちに向けて孫さんがプレゼンしている時の様子です。

どうでしょうか。使っている単語は日本人が高校生までに習う単語ばかりです。日本人の僕らにとっても聞きやすい英語だということは、それだけ「ネイディブっぽくない」英語だということです。

それでも会場の聴取にはしっかり伝わり、時には笑いも起こっています。孫さんは日本人が喋るような英語で、海外のトップクラスの人たちとの交渉を行っているわけです。

当時の三木社長はその孫さんの英語を聞いて「自分にもできるかもしれない」と思い、「交渉で負けない英語力を1年で絶対身につける」というゴール設定をし、そのゴールからの逆算で「勉強すべきこと」と「勉強すべきでないこと」を明確に切り分ける勉強法を編み出しました。

その時の体験が元になって作られたのが、このトライズのサービスになっているのです。

具体的にどんなサービスなのか詳しく早速中身をみていきましょう。

トライズは他の英会話スクールと何が違うのか

一年間で1,000時間の学習時間を設定する理由

実は日本人が英語を習得するためには、合計で2,200時間の学習が必要だと言われています。(※Foreign Service Institute調べ)

そのうちの1,200時間が学校教育で教わるため、それ以外の1,000時間をどこかで設定しないと英語がきちんと話せるようにはならないのです。

ところがいわゆる一般的な英会話スクールに行く場合、週一回のレッスンが40分で月に4回通ったとしても、月で160分(2.6時間)しか勉強時間が確保できません。

これで1,000時間に到達するためには30年も通い続けなくてはならない計算になるのです。だから日本人はいつまでたっても英語が話せるようにならないんですね。

「意思疎通のために最低限必要な英語は、中学の授業でほとんどがカバーされています。つまり、普通に大学まで英語を学んだ日本人なら、英語の『知識』に関してはメタボ状態で、それ以上詰め込む必要はまったくない。 本当に必要なのは、その人が『必要としているアウトプット』の見極めと練習なのです」(三木氏)

ーNewsPicks『英語難民を救え。「ビジネスで使える英語」の正体とは』より

トライズではこの1,000時間を、「その人が習得すべきこと」に絞って一年間で達成するための目標設定を置きます。

長谷川さん

私の場合は、とにかく現地でのビジネスの情報交換ができるレベルまで持っていくことを目標にしました。

 

情報交換には人間性と知性が問われますから、現地の人と繋がりやすい文化の知識を取り入れたり、教養を身につけたりする必要もありました。

 

そういったことも踏まえて、コンサルタントが勉強すべきことやオススメの教材などを教えてくださったんです。

長谷川さんのように英語を使いたいシーンに照準を合わせて、そこに向けたアウトプットを意識した勉強法を取り入れていきます。

1日3時間をいかにして捻出するかが鍵になる

一年間で1,000時間の勉強時間を確保するためには、1日3時間の勉強時間を確保する必要があります。

とはいっても忙しいビジネスマンにとって、1日3時間もの時間を捻出するのはそう簡単ではないですよね。

そこで注目すべきは通勤時間。日本人の平均通勤時間はおよそ1時間とされているので、行き帰りの通勤時間で2時間を確保するわけです。

それ以外を朝・昼・夜の30分で作る。そうすれば1日3時間は決して難しいことはありません。

コラム(なぜトライズの学習法が効果的なのか?)

人間の記憶は脳の「海馬」という箇所が担当しています。

海馬は「生存にとって必要なものかそうでないか」によってその情報を記憶するかどうかを決めています。

この仕組みを逆手にとって、同じ情報を繰り返し脳に送ると、海馬がそれを「生存にとって必要な情報」だと勘違いし、記憶に定着させやすくなるのです。

さらにその期間が短ければ短いほど、その情報は忘れにくくなるという特徴もあります。

海馬の記憶の仕組みからも、トライズのこのスケジュールの立て方が理にかなったものだ、ということがわかります。

参考:こうすれば記憶力は高まる!~脳の仕組みから考える学習法(東京大学薬学部教授 池谷 裕二)より

コンサルタントがネイティブじゃないからこそ乗り越えられる

トライズのコンサルタントは他の英会話スクールとは違い、ネイティブではありません。

全員が苦労して英語を話せるようになった人たちです。

ですから英語学習を挫折してしまう人の気持ちも、逆にそこから這い上がる方法も心得ている人たちなのです。

逆に最初から英語を話せるネイティブの人たちだと、この受講生の苦しみを理解することが難しくなります。

実はトライズのコンサルタントはネイティブや帰国子女ではない。日本の英語教育を受け、その後、努力して英語を身につけた日本人ばかりなのだ。

「ネイティブ講師にはオンライン・プライベートレッスンを担当してもらいますが、彼らには英語学習で挫折した経験がない。挫折しそうなとき、つまずきそうなとき、受講生に寄り添ったアドバイスができるのは、非ネイティブにしかない強みです」(三木氏)

ーNewsPicks『英語難民を救え。「ビジネスで使える英語」の正体とは』より

長谷川さん

コンサルタントさんの存在と、1週間に一度のグループレッスンで出会う仲間の存在が大きかったですね。

 

みんな同じような環境に身を置いていますし、自分より年下の人が頑張っている姿を見て、「わたしも負けてられないな」と思うようになりました。

 

その時に知り合った方々は、みなさん各界で活躍されている方も多く、後々のビジネスにつながったのも思わぬ収穫でした。

一年間で130万円の受講料が「安い」と言える理由

トライズの月額の受講料は98,000円(税別)です。これを一年間継続するわけですから、入会金と合わせて合計130万円近い受講料がかかる計算になります。

日曜日がお休みだとした場合、1年間で130万円の受講料は一日あたり約4,200円ほどになります。

この金額は、大手の英会話スクールのマンツーマンレッスン60分ぶんとさほど変わらない金額です。

しかしトライズの価値は、単なるレッスン料だけではなくそのタイムスケジュールと毎日のコンサルタントのサポートにあります。

大手の英会話スクールはトライズとは違い、受講生の学習スケジューリングまでがっつりサポートしません。

仮に自主学習時間600時間、レッスン400時間で1,000時間達成すると考えるなら、4,000円×400回=160万円もの出費になってしまうのです。

さらに400回もレッスンに行くとなれば、三日に一回行ってもを3年間通い続ける計算になります。

つまり、「英語を話せるようになる」という同じ結果を得るのに、トライズなら1年間で130万円、大手の英会話スクールだと3年間で160万円かかるということです。

そう考えるとトライズに払う金額は「安い」と言えるでしょう。

長谷川さん

これはわたしのあくまで個人的な感覚なのですが、ビジネスの世界では何かを習得するのに100万円以上のお金をかけるのは当たり前だと思っているので、決して高いとは思わなかったです。

 

わたしの場合は仕事上の必要性もあり、会社からの補助もありました。仕事で必要なら経費として会社にいくらか請求することもサラリーマンの知恵としては大事ですね(笑)

※そのほか、英語学習にかけた金額のうちいくらかを特定支出控除として、確定申告の際に申告することも可能です。その場合、業務上欠かせないものとして会社が証明した書類が必要になります。

参考記事:サラリーマン確定申告:特定支出控除Q&A、英会話スクール費用は?

選べるプランは全部で3つある

トライズの料金体系は上記の表のようになっています。

1年間通うことを決められるなら、12ヶ月プランで申し込んでしまった方が、受講料が10万円も割引になります。

月額にすると約1万円も違うので、かなり大きな差になりますね。

3大保証とは、一括プランに申し込んだ人に向けて、全額返金保証・解約返金保証・無料延長保証の3つの保証がつくことを言います。

  • 全額返金保証:TORAIZのサービスに満足できない場合、受講後1ヶ月までの間有効
  • 解約返金保証:1ヶ月後を経過して途中解約する場合、約款に基づき残りの期間の受講料が返金される
  • 無料延長保証:学習を継続したのにも関わらず、英語力が伸びなかった場合、最大で3ヶ月の無料延長が可能になる

レッスンプログラム・学習サポートが豊富!

コースによって受けられるプログラムに違いはありません。

  • 週二回のオンラインプライベートレッスン(30分×2回)
  • 週一回のグループレッスン(60分×1回)
  • 3日2回の学習サポート
  • 月2回の面談(学習状況の進捗チェック)
  • 初回+月1回のVersant試験で学力向上を定量的に測定

がセットになっています。

Versant試験を実施する理由

VERSANT®は、仕事で使える実践的な英語力を測るテストです。 従来のテストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。 ピアソンで開発された高度な自動言語認識システムを利用しており、スマホアプリやパソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国国防総省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。(VERSANT公式HPより)

トライズでは、英語力が向上したことを定量的に計測するために、TOEICやTOFLEなどの一般的な試験ではなく、「仕事で使える実践的な英語力を測る」VERSANTテストを取り入れています。

様々なアクセントやスピーキングスタイルを持ったネイティブスピーカーが話す英語に対して、その場で聞き、その場で答える力が問われます。

スピーキングとリスニングが別れているテストとは違い、本物の会話力が試されるテストだと言って良いでしょう。

このテストで受講生の英語力がどれだけ向上したのかを定量的に測っていきます。

長谷川さん

これがわたしの1年間のスコアの推移です。

※40点というスコアは、「基本的な情報(仕事や経歴、家族、余暇など)について述べることができる」レベル、62点は「大きな負担を感じさせずに、情報や視点を明確に述べることができる」レベルです。

公式のHPに掲載されている情報から判断すると、長谷川さんは

途中で途切れることや出だしの誤り、言い直しが多々あるが、非常に短い文章であれば自分の考えを述べることができる。発音は、外国語特有のなまりが目立つが、相手が無理なく理解できる程度には発音できる。単純な構造は正しく使えるものの、規則的に基本的な間違いをする。「and」、「but」、「because」のような簡単な接続詞を使って、単語グループをつなげることができる。

レベルから

目立つほどの長い途切れがなく、一定のテンポで一定量話すことができる。発音やイントネーションを明確に発することができる。誤解を生むような間違いがない。明確で一貫した、意味のつながりがある会話ができるが、時々「抜け」が起こる。

レベルにまでなったということですね。(すごい!)

 

ヨッシー

一見順調に伸びてますが、3〜6ヶ月目と、9〜12ヶ月目の数字の変動が激しいですね。(上図では省略)

長谷川さん

これは受講生の間で「死の谷」とよばれいてる「トライズあるある」なんだそうですよ。わたしも見事に谷に落ちましたね(笑)

 

3ヶ月目まではリスニング力が顕著に上がって行くのでスコアの総合点は上がっていきます。しかし今度は話す筋力をつけなきゃいけない。そこで一旦停滞するのが1回目の谷です。

 

それをクリアしてある程度話せるようになると、今度は構文を考えすぎて詰まってしまうことがあるんです。それが2回目の谷ですね。

ヨッシー

なるほど、一種の成長痛みたいな時期があるんですね(笑)

 

でも確実に身になっている感覚を実感できるのは嬉しいですよね。

 

ここまでやってもらえて、かつ実力も確実に上がって行くなら、長谷川さんが「安い」と言った理由がわかります。

トライズがあえてオリジナル教材を使わない理由

個人の分野に合わせて選ぶ

例えばあなたが医療系の仕事をしているなら医療系の教材を、マーケティングの仕事をしているならマーケティング系の教材をコンサルタントが選んでくれます。

具体的には、映画の副読本(映画のセリフが全て載っている本)を見ながら、スマートフォンにダウンロードしたその映画を再生しながら目で追って行くリスニングと、実際に一緒に口に出しながら聞いて行くシャドーイングを行います。

ただ、これは決まっているわけではなく、あくまでも受講者のレベルに合わせて変わります。

映画のリスニングが難しいという人に向けては、アマゾンで売っているような市販の教材をベースに進めて行ったりもします。

そこはあくまでも「その人のレベルと目標に合わせて」という前提で教材が選ばれるようになります。

例えばこんな教材などが使われているようです。

トライズがオリジナル教材を使わない理由

実は市販の英語教材はもうすでにかなりの完成度まで来ています。

問題はその教材を生かして、どのように学ぶのかに鍵があるわけです。特に英語学習においては教材よりも、学ぶ環境や教わる相手の方が大事です。

トライズは「1,000時間の学習時間を確保できる環境設計」に注力をしています。ですから市販の英語教材でも問題ないんですね。

逆にオリジナルの教材を使おうと思うと、その分の作成コストがかかるので、受講料金にその分のお金を上乗せしなくてはいけなくなります。

そうなるのは、トライズ側としても受講生側としても本意ではないですよね?

市販の教材を使うのは、そういったコスト削減の意味もあるのです。

学習プログラムは第二言語習得の専門家に監修されている

とはいえ、学習プログラムの正当性に欠いているという訳ではありません。

運営元のトライオンでは第二言語としての英語習得を目的としたTORAIZ語学研究所のフェローに、同時通訳者と関西大学院大学教授を迎えています。

TORAIZ語学研究所では、

  • TORAIZプログラムの品質の向上
  • コンサルタントのサポート品質の向上
  • ネイティブ講師のレッスン品質の向上

をミッションとして、仕事で使える英語を1年間で習得する学習プログラムの見直しなどを行っているようです。

フェロープロフィールその1

同時通訳者「新崎隆子」氏

神戸大学文学部卒業。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科博士課程修了(国際コミュニケーション)。公立高校の英語教員を務めたのち、国際会議や NHK 放送で通訳者として活躍。東京外国語大学や青山学院大学でも教鞭を執る。『通訳席から世界が見える』(自著)、『英語スピーキング・クリニック』(共著)、『最強の英語リスニング実践ドリル』(共著)など著書多数。

フェロープロフィールその2

関西学院大学法学部教授「門田修平」氏

関西学院大学法学部教授、関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授。博士(応用言語学)。専門分野は心理言語学、応用言語学、第二言語習得など。特に第二言語としての英語の知覚・処理そして記憶・学習の心的メカニズムについて研究しており、その成果を英語の学習・教育に応用した著書をこれまでも数多く出版している。主な著書に、『英語リーディングの認知メカニズム(共編著)』、『第二言語理解の認知メカニズム』、『SLA研究入門』(くろしお出版)、『英語のメンタルレキシコン(編著)』(松柏社)、『決定版英語シャドーイング(共著)』、『シャドーイングと音読の科学』、『シャドーイング・音読と英語習得の科学』、『シャドーイング・音読と英語コミュニケーションの科学』、『シャドーイングと音読:英語トレーニング(監修・共著)』、『話せる!英語シャドーイング(監修・共著)』(コスモピア)、『英語語彙指導ハンドブック、英語リーディング指導ハンドブック、英語音読指導ハンドブック、英語スピーキング指導ハンドブック、英語リスニング指導ハンドブック(共編著)』(大修館書店)、『外国語を話せるようになるしくみ』(SB Creative)などがある。

トライズ受講者の実際の口コミ

Twitterに乗っていた口コミ一覧

Twitterの口コミや、1年間のプログラムを実際に受けいる人のブログを読むと、いかに毎日の勉強の積み重ねが個人の結果を左右するのかがよくわかります。

またトライズ側がなんとかしてくれるというよりも、あくまでも自分がなんとかするという気概がある人が成果を出しているように見受けられます。

 

実際にトライズを受講した生徒の感想

こちらはオフィシャルが用意した動画ですので、好意的な感想を選んでいると思いますが、本当の受講生の声なのでそれなりに参考になります。

話されていることをまとめるとこんな感じです。

  • たった30時間でも聞くことと話すことに抵抗がなくなってきている
  • 時間の確保は厳しいけど、内容は楽しんでできている
  • 教材が自分の好きな映画だから苦にならない
  • 最初は3時間も取れるかなと思ったけど、意外と簡単に捻出できた
  • 一人だと継続は難しいが、方向性を示してくれるトレーナーの存在が大きかった
  • 強制的にやらなきゃならない環境に身を置くことが大きい
  • 思ったよりも早いスピードで話せるようになっている自分に驚いている

長谷川さんもおっしゃっていましたが、やはり「やらなきゃいけない環境に身を置く」というのが一番効いているなようですね。

ビジネスエリートたちから見た評判

こちらはNewsPicks内でトライズが特集された時に着いた、ビジネスエリート達からのコメントです。

第一線で活躍している人たちから、トライズがどのように見えるのかも参考になりますね。

神田昌典さん

三木さんのように、孫さんのもとでビジネスの創り上げられた方は、日本語であろうと、英語であろうと、話す価値のある内容が満載。このようにビジネススキルをバックボーンにもっている日本人にとって、英語学習は15年前に比較して、格段にスムーズになっていると思います。なのでたった1年で、英語ができるというのも、うなづける。(NewsPicks内のコメントページより)

※神田昌典さんは日本を代表するマーケッターのお一人です。

小宮山利恵子さん

Perfectを目指さないこと。ネイティブではないので、間違うことはあるし、聞いてる相手も自分がネイティブではないのはすぐ分かる。私は今日、自分で数えられるだけでも数回言い間違えしました。(NewsPicks内のコメントページより)

※小宮山利恵子さんはリクルート次世代教育研究院の院長です。

NewsPicks内についたコメントは「それだけやったらそりゃ話せるようになるよね」という肯定的な意見が多く見られました。

実際に英語が話せるようになった人も「1,000時間は体感値としてもその通りだと思う」とコメントしていました。

トライズのメディア掲載実績や関連書籍

トライズはAREAや日経新聞などにも特集されています。

何より説得力があるのは、三木社長の体験に基づいた英語学習本が出版されていることではないでしょうか。

冒頭でも紹介したように、トライズは三木社長の経験が基盤になっているので、トライズの教育方針を知るためにも三木社長の本を読んでみるのも良いのではないでしょうか?

【掲載のお知らせ】 本日12月14日の日本経済新聞『朝刊』にTORAIZの記事が掲載されました。   【英語学習 挫折させぬ 「スポーツジム型」教室続々】  専属トレーナーが進捗管理 :日本経済新聞...

1年で英語をマスターするTORAIZ - トライズさんの投稿 2016年12月12日月曜日

【掲載のお知らせ】 2017年1月24日(火) 日経ビジネスOnlineに弊社代表三木の記事が掲載されました。   孫正義さんに学んだ、“ROI最速英語勉強法” トライオン・三木雄信社長に聞く http://business.nikkeib...

1年で英語をマスターするTORAIZ - トライズさんの投稿 2017年1月23日月曜日

【掲載のお知らせ】   本日発売の週刊東洋経済 2017年1/14号にて弊社代表三木のインタビューとTORAIZ(トライズ)の記事が掲載されます。   1月10日 週刊東洋経済...

1年で英語をマスターするTORAIZ - トライズさんの投稿 2017年1月9日月曜日

【お知らせ】 「海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる」が、ご好評につき本日2017年1月6日(金)より新書版となって全国で発売開始となります。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0...

1年で英語をマスターするTORAIZ - トライズさんの投稿 2017年1月5日木曜日

長谷川さん

この本は私も読みましたよ。

 

トライズに入会する関係なく、物事を勉強し始めるうえで参考になる考え方が満載でした。

 

さすが孫さんの元で鍛えられていただけあるなぁという感じですね。

受講者にぶつけてみたよくあるQ&A

実際に公式のHPに載っているQ&Aと同じ内容を、受講生である長谷川さんにぶつけてみました。

Q:全くの英語力ゼロでもついていけるのでしょうか?

ヨッシー

トライズは割とビジネスマンが対象になっているような印象なのですが、ビジネスマンと聞くとある程度すでに英語力がある人、というイメージがあるんですよね、

 

長谷川さんも全くのゼロというわけでもなかったわけですよね。

 

実際に「完全英語力がない」状態で入ってもついていけるもんなんですかね?

長谷川さん

それは問題ないと思います。

 

一緒にグループレッスンを受けた人の中に「自分はむしろゼロからのスタートだからこそ、下手なくせなどがついてなくてどんどん吸収できた」とおっしゃっている方がいましたね。

 

どんな分野でもそうだと思うのですが、中途半端にできる人よりも、何もできない人の方が伸び代がありますよね。

Q:続けられるかどうか自信がありません

ヨッシー

正直、英語学習って「続けられるかどうか」にかかってると思うんですよね。

 

長谷川さんの入会当時って、1年間やれるっていう自信はあったんですか?

長谷川さん

あったら入会していないでしょうね(笑)

 

なかったからこそ、お金を払ってしまおうと思えたというのもあります。その環境にお金を払うつもりで入会しましたよ。

 

私の場合は会社にも少し出してもらっていましたから、これで上達しなければ会社に怒られてしまう、という危機感もプラスに働きましたね。

Q:毎日3時間なんて忙しすぎて捻出できない

ヨッシー

こんなことを長谷川さんに聞くのも間違っていると思うのですが、、、

 

忙しくて毎日3時間も時間が作れないよ、という人がいたら長谷川さんはなんてアドバイスします?

長谷川さん

でしたらトライズに行かずに別の英会話に行けば良いと思います。

 

トライズとしても「最初から無理です」と言う人をお客さんにしたくないと思いますし、その状態で英語を学んでも上達しないのではないかと私は思います。

 

「聞き流す時間でも3時間にカウントしていいならなんとかなりそうだな」と思える人には向いていると思いますよ。

Q:どこまで上達できるのでしょうか?

ヨッシー

こんなことを長谷川さんに聞くのも間違っていると思うのですが、、、(以下略)

長谷川さん

上達するレベルは本人の努力次第でしょう。

 

と偉そうに申し上げたいところですが、私も実際に初回の面談でコンサルタントさんに聞いてしまいました。

 

ただその時にコンサルタントさんにはっきり言われたんです。

 

「こちらはできる限りのサポートはしますが、長谷川さんの頑張り次第です」と。「それもそうだな」と思い、逆に私は信用しましたね。

Q:ネイティブのような発音になりますか?

ヨッシー

トライズは「流暢に話せるようになることを目的としていない」と謳っていますが、ご自身で体感されてみて、自分の発音や流暢さなどはどのように感じていますか?

長谷川さん

これは実際に海外に仕事で行った時に体感したのですが、コミュニケーションに必要なのは、やはり相手に関心を持つことだと思います。

 

そして関心を持つためには、ある程度の知識がなくてはいけません。その点において、トライズさんが私の学びたい分野で学習をすすめてくださったのがすごく効きましたね。

 

話題についていければ、そこまで流暢に発音できなくても会話をすることができます。向こうもこちらがネイティブじゃないことはわかっていますから、発音が多少酷くても理解してくれます。

 

大事なのは会話ができること。発音よりもこちらの方がかなり重要だということに、現地で喋ってみて体感しました。三木社長のおっしゃっていたことは本当だったと。

Q:ぶっちゃけコンサルタントの存在ってどんな存在でした?

ヨッシー

トライズの特徴はコンサルタントの徹底的なサポートにあると踏んでいるのですが、実際どんなコミュニケーションを取られていましたか?

長谷川さん

シンプルですよ。わからないことがあれば聞く、不安に思ったら聞く。これの繰り返しです。

 

他の受講生と話してもトライズのコンサルタントさんたちは、みなさん丁寧で本当に真摯に向き合ってくれます。

 

メールはすぐに返してくれますし、成績が上がれば褒めてくれますし、下がれば共感しチアアップしてくださいましたね。心がすぐ折れそうになる私にとってはとてもありがたい存在でしたね(笑)

まずは無料体験に応募してみよう!

スクールは全国に展開。まずは最寄りのスクールに見学に行ってみては?

トライズに興味がある方なら、まずは自分にはどんなプログラムを組んでもらえるのか、無料体験に行って確かめるのが良いでしょう。

そこでスクールの雰囲気や、コンサルタントとの相性を確かめることもとても重要なことです。

基本的な受付時間と電話番号は以下の通りです。

  • 受付時間:火~金13:00~20:00・土曜10:00~17:30
  • 受付番号:0120-971-568

2018年10月現在では、東京・横浜・大阪にしかスクールがありませんが、距離的にそこに通えない人でも「コンサルティング、レッスン、プログレスチェックなどの全てのサービス」をスカイプのみで受講することも可能です。

実際のスクールの場所はこちら。

最終的にトライズを決めた理由は、コンサルタントに突き放されたから

ヨッシー

今日はインタビューに応じてくださり、本当にありがとうございました。

 

この記事はトライズを受講しようかどうか迷われている方が読まれると思うのですが、そういった方に何かアドバイスはありますか?

長谷川さん

究極的に判断するのは無料カウンセリングを受けたあとなので、迷っているならまずコンサルタントに会って話をしてみることでしょうか。そこでクリアになることもものすごく多いですよ。

 

実は私は、当日即決しないと決めていきました。というのも同時に他のスクールも検討していたからです。

 

電話であらかじめ「当日申し込みはしないのですが、それでもよろしいでしょうか」と断りを入れて行ったほどです。あらかじめそう言っておけば、変なクロージングなどもなく、冷静に判断できると思いました。

 

まぁ、それでも1週間後には申し込んでいましたが(笑)

ヨッシー

他のスクールも検討していた中で、最終的にトライズを検討されたのはなぜなのでしょうか?

長谷川さん

やはりコンサルタントさんに「あなたの努力次第です」とキッパリ突き放されたことですね。

 

他のスクールさんはどこもそんなことを言って来なかったですから、そこが一番信用できる材料となりましたね。

ヨッシー

逆に清々しくていいですね!(笑)

 

そうなりゃ、こっちもやってやろうじゃないかという気になりますね。

 

今日は、参考になる話を本当にありがとうございました。

この記事を書いたライター

ヨッシー

最後までご精読くださり、ありがとうございます。

私たちはこれからも「あなたの選択」に寄り添った記事を作成して参ります。

ご意見・ご要望・ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するラベル

ページトップへ