MVP選出は確実?大谷翔平の活躍・成功する秘訣はマネできる

記事更新日: 2021/10/14

ライター: まりか

エンゼルス大谷翔平は、日本時間4日にマリナーズとの試合で今季の最終戦を終えた。

ホームラン王を期待されていたが、46号本塁打を放ち最終戦を終え、ペレス(ロイヤルズ)とゲレロ(ブルージェイズ)の48本塁打には2本及ばずリーグ3位に終わり、日本選手で初の本塁打王はならなかった。

しかし、打者として46本塁打・投手として9勝をする好成績を納めた

二刀流として歴史に残るシーズンを送った大谷選手をMVPに推す声は、ファンやメディアだけではなく現役の選手からも上がっている。

ライバルは三冠王を狙うブラディミール・ゲレーロJr.内野手か?

2021年以来、日本人としてはイチローに続く2人目のMVP選出になるか期待が高まる

また、大谷翔平は米専門誌ベースボール・ダイジェストの2021年の野手部門の最優秀選手(MVP)に選出された。

 

 

100ぶりの快挙を成し遂げる大谷翔平は才能だけでここまで達成することが出来るのか?

今年のMVP選出予想才能だけでは達成出来ない理由を説明します!

MVPはどうやって決まる?

シーズンにおいてチームに最も貢献した選手に与えられ、アメリカンリーグ・ナショナルリーグからそれぞれ1名ずつ選出されます。

投票方法は、BBWAA(Baseball Writers Association of America;略称BBWAA)全米野球記者協会から選出された記者30人がリーグの10名までに順位をつけ投票していきます。

30人の記者が各リーグ10人までに順位をつけて投票します。

その合計得点が高かった人がMVPに選出されます!

大谷選手のライバルは?

大谷選手のライバルに名が上がっているのは、ブラディミール・ゲレーロJr.選手(ブルージェイズ)。

ゲレーロ選手は本塁打では48本と大谷選手を上回っている。

しかし、「それでも大谷選手の歴史的な活躍を上回るには不十分かもしれない」とMVP争いでは大谷が優位との見解を各局が予想している。

唯一の日本人MVP選手

日本人でMVPを獲得したことある選手はイチローのただ一人だけ!

その年(2001年)の成績は打率.350、本塁打8本、打点69、盗塁56であり、首位打者と盗塁王を獲得し、新人王にも輝いています。

大谷翔平選手は、イチローに続く日本人2人目のMVPになれるか。

大谷の成功の秘密①

目標があったから今がある

大谷は小さい頃から「プロ野球選手になる」という目標を周囲の大人達にも語っていたそうです。

自己暗示は夢や目標を達成させるためには最強の手段です。 

「なれたらいいなー」「〇〇になりたい」といったように、自分の中だけに秘めた想いではなく、公言することで夢に向かって本気になる自分ができて来ます。

夢を具体化する。しかし、 あいまい過ぎると達成させたい夢も遠くなってしまいます

古代ローマの哲学者セネカの名言がこんな言葉を残しています↓

 

あなたは何をしたいのです?

何を目指していますか?

 

この名言からも昔から「目標」の大切さが分かりますね!

周りに公言することで、自分にプレッシャーを与え続けていくことが大事です。

皆んなが成功者になりたいと思っていますが、それが実現しない理由があるのです!

それは夢や目標を達成させるための行動が伴っていないからです。

▼今日からやること

1、目指すゴールを決める

2、夢や目標を公言しまくる

3、叶えるための行動をしまくる

大谷の成功の秘密②

「なりたい自分」の姿を言い続ける

大谷翔平の中には「不可能」という言葉は存在しないそうだ。

自分で自分の可能性を否定するのはもったいない。

やる前から「きっと無理だ〜」って思っちゃうことってありますよね笑

大谷翔平が二刀流を可能にしたのは、「自分は出来る」とアファメーションを繰り返しているからである。

アファメーションとは

肯定的な自己宣言で「私はできる」などと自分自身に言い聞かせることです。簡単に言えば「ポジティブな口癖」とも言います。

何度も何度も繰り返すということが大事です!

✔︎ポイント

・何度も書く

・何度も見る

・何度も読み上げる

先入観を持てば一生願いは叶わない

あなたは今成し遂げたい目標や夢はありますか?

どれくらい叶うと思っていますか?

自分に「無理かも」と保険をかけていませんか?

 

自分の能力の限界を決めているのはもしかしたら自分自身かもしれません

「大谷翔平みたいな才能は自分にはない」これはただの先入観です。

才能があるかないかはやってみないと誰にも分かりません。

「自分には無理」という先入観は、「無理」ということを自分自身に言い聞かせているのと同じです。

先入観を捨てることこそ、大谷翔平に近づく一歩です。

大谷の成功の秘密③

目標シート

メジャーで活躍する大谷翔平も高校1年生の時に作成したのが、目標シートと言われている「マンダラシート」。

漠然としていた目標や夢が明確になり、行動が具体化されることで夢が叶っていく魔法のシートです。

大谷翔平は「8球団からドラフト1位指名される」という目標を掲げていました

中心に書いた目標を達成するために何をしたらいいのか可視化されます。

そのため、どう行動に移していけば良いのか整理がつき効率的に目標に到達することが可能になります。

大谷は努力の天才

大谷選手は、スポーツ選手だった両親の元で育てられました。

環境的にも、努力する環境だったかもしれませんが環境以上の努力をしていたのが大谷選手です。

「1000時間の法則」「10000時間の法則」という言葉を聞いたことがありますか?

何かを極めたり、その道の技などを習得するにはある一定以上の時間を費やす必要があると言われています。

『1000時間の法則』・・・周囲から認められるまでには、1000時間をその勉強に費やす必要があるというもの

『10000時間の法則』・・・超一流、天才と呼ばれるレベルに達するには、10,000時間を費やす必要があるというもの

高校生の時に掲げた「8球団からドラフト1位の指名を受ける」

プロになってから「世界1の野球選手になる」

これを次々と叶えることが出来ているのは、誰もがマネ出来ないような努力をし続けているからです。

明確な夢や目標を掲げるだけでは達成出来ないことは山ほどです!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

▼今日からやることはこれだけ

1、目指すゴールを決める

2、夢や目標を公言しまくる

3、叶えるための行動をしまくる

「大谷選手のようには出来ない」と心の中で思っていませんか?

その時点であなたの夢は叶いません。

皆さんも試してみて下さい!未来が変わっていきますよ!

この記事を書いたライター

まりか

大学では英文学とドイツ文学を専攻。

スピーキングが苦手なコンプレックスから、英語系アプリ・英会話スクールを何社も経験し1ヶ月でTOEIC180点スコアアップした言語好き

自身の経験から“本当に成長できるアプリ・スクール”を忖度なし&辛口で紹介します!

この記事に関連するラベル

ページトップへ