abceedは使える?評判・口コミや体験談から活用法を解説!

記事更新日: 2020/09/30

ライター: まりか

▼結論

・リアルタイムで自分のスコアを把握可能!

・AIにより、無駄なく“今”必要なことだけを学習できる

・リスニングもリーディングも単語学習もこのアプリで完結!

まりか

「まだ、外出するのが不安・・・外に出ないで効果的・楽しく英語を勉強する方法はないかな?」

という要望にお応えして、英語学習系アプリを調査しました!

今回は、AIがスコア予測や問題を提案してくれるTOEIC学習アプリAI英語教材abceedを紹介します!

もちろん、筆者は実際にアプリを学習済み。

まりか

体験をもって、お伝えします!

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版

販売元     :Globee Inc.
価格      :無料
サイズ     :74.8MB
アプリバージョン:4.3.5
         ※記事の内容は記載当時の情報です。
          現在の内容と異なる場合があります。

AI英語教材abceedってどんなアプリ?

AI英語教材abceedは、AIが学習をサポートしてくれるTOEIC学習アプリです。
蓄積されたデータ数は、なんと100万人超え!

そのデータ量から、TOEICの予測スコアは誤差平均6%
月1回しか本来測れないスコアを逐一確認しながら、苦手を克服していくことが出来るので便利なアプリです。

まりか

過去のスコアをもとに学習を進めても1ヶ月前のデータでは古いですよね。
今の状況にあった学習方法を選択することが出来ます。

 

ユーザーからの評判は?

デメリット

●バグが多い?

人の手でアプリを作っている以上、バグはどうしても発生してしまうもの・・・。
私がプレイしている時は特に感じませんでしたが、バグ発生の可能性は否めません。

 

メリット

①スコア予測がかなり正確

自分の実力を正しく理解して苦手を克服することが大切。
TOEIC試験は一度しか受験できませんが、定期的に把握できるので便利です。

まりか

スコアが上がっていることを実感できるのも良いですよね。

 

②使いやすい

使いやすさは大切ですね!
いくら無料で、学習できる内容が優れていたとしても、広告がたくさん表示されるようなアプリは効率が悪いので優先度を下げています・・・。

 

③スキマ時間にゲーム感覚で勉強出来る

やはり、アプリで学習することのメリットは英語や勉強が苦手な方でもゲーム感覚で出来てしまうことですよね!
電車の待ち時間などにサラッと出来るので、忙しい方にこそ、やっていただきたいです!

 

abceedで学習をしてみよう!

まりか

では、具体的にどのようなことが出来るのか解説します!

実力を確かめる

テストを受けてみて下さい。精度を上げる為に、15問を受験するようにしましょう!
問題はTOEICに即した問題です。


【問題の一部】

 

苦手分野を練習する

スコアとともに、自分の苦手な分野が分かります。
優先的に学習するべき項目もしっかり示してくれるので安心。
問題については、答えだけではなく、解説もしっかりついている親切設計。


まりか

問題ごとにメモ書きや単語帳登録ができるので、アプリで完結します。
問題の音声は倍速可能で時間の効率アップも可能。
TOEICの会話速度に慣れたい時にも活用出来ます。

 

“見つける”

見つけるでは、このアプリ上で解きたい書籍を追加することが出来ます。
紙媒体がそのまま携帯で閲覧できるので、音声、発音記号、意味、成句までこのアプリ一つでOK。

 

まりか

単語帳に登録すると、単語カードが作成されているので手間いらず。
すぐに学習に取り掛かれます。

 

 

最後に

手軽に、無理なく英語を学習できるアプリ。

その中でもabceedは、AIに伴走してもらえるので効率的に学習したい方には最適です。

まりか

気になったら、ダウンロードしてみて下さい!

 

【iOS版アプリダウンロード】iOS版
【Android版アプリダウンロード】Android版

販売元     :Globee Inc.
価格      :無料
サイズ     :74.8MB
アプリバージョン:4.3.5
         ※記事の内容は記載当時の情報です。
          現在の内容と異なる場合があります。

この記事を書いたライター

まりか

1ヶ月でTOEICで180点スコアアップした言語好き。

英会話無料体験を何社も経験した英会話スクールソムリエ。

自身の経験から“本当に成長できるスクール”を忖度なし&辛口で紹介します!

この記事に関連するラベル

ページトップへ