ココナラは本当に売れない?検証してみたら大事なのは商品数だった

記事更新日: 2021/08/29

ライター: めるま

▼結論

  • いくらサービスを磨いても、売れないものは売れない
  • 手っ取り早く売るためのコツは『売れるまでサービスを作り続けること』
  • 1回でも売れたサービスを磨くことで、さらに売れるようになる
本日の副業人
めるま

研究員→営業→夜職→マーケ→CS→セミナー講師→ライター→広報(いくつか平行)
穏やかな心を持ちながら、仕事(の無茶振り)の連続によって目覚めたアイアンハート。
会社に心臓を捧げると誓いつつ、給料の低さに戦慄し、副業を始めた。
Twitter:@mailmarketing41

本日のアシスタント
せいる

めるまの会社の後輩。
副業に興味はあるものの、自分にできる仕事が見出せず、実行に移せていない。

この記事は

  • ココナラでサービスを売ってみたい
  • でも、本当に売れるのか不安・・・
  • というかぶっちゃけ、手っ取り早く売る方法を知りたい

といったみんなの願いを叶えるため
ココナラで商品を売るところまでを実際にやってみた検証記事です。

めるま

今回は、ココナラを攻略してみようと思う!

せいる

ココナラですか...

『得意を売り買いココナラ♪』ってテレビCM出してますけど、稼ぐの難しいって意見もちょくちょく見ますよね

せいる

見てると、『単価が低い』っていう問題と『そもそも売れない』って問題が多いみたいです

めるま

ってことは、普通にやっても売れないのかもしれないね

めるま

まあ、やってみないことには何も分からないから、とりあえずやってみようよ!

 

得意なことをサービスとして売ってみた

めるま

まずはサービスを作らないとだね!

ひとまず、得意な事をサービスにしてみよう!

せいる

そうですね!

めるまさんの得意な事って何ですか?

めるま

・・・・・

それなー…

 

得意な事は周りの人に教えてもらう

他人様からお金を頂いてやるからには、それなりのクオリティを出せないと問題なのでは・・・

でも、自分の得意なことって何?

そう思ったことがあるのは、私だけではないはず。

 

名著『人を動かす』などで知られるP.F.ドラッカーも、次のような名言を残しています。

知っている仕事はやさしい。そのため、自らの知識や能力には特別の意味はなく、誰もがもっているに違いないと錯覚する。
逆に、自らに難しいもの、不得手なものが大きく見える。

創造する経営者(P.F.ドラッカー)より

めるま

マジで、自分の得意な事って分からないんだよね…

むしろ、教えてよ(笑)

せいる

うーん、ご飯残さないこととか…

あんま思いつかないっす!

めるま

ひでぇな!

 

ということで、会社の同僚に得意なことを聞いてみました。

 

同僚

え?めんどくさ!

という人も、レッドブルを差し入れたら、快く引き受けてくれました。

素敵な同僚たちに恵まれて幸せです。

 

※質問をミスって、得意な事ではななく「いいところ」を聞いてしまいました。

 

せいる

けっこう出ましたね!

あ、これなんかいいんじゃないですか?

せいる

めるまさん、プレゼン得意ですよね?

めるま

うーん、言われてみれば、褒められたこともあったような…

せいる

いいじゃないですか!

この特技を生かしてサービス作りましょうよ!

めるま

そうだね!

手がかりは見つかったから、とりあえず作ってみよう!

 

サービスは他のサービスをパクって作る

せいる

でも、サービスってどうやって作るんでしょうね?

めるま

わかんない。

こういう時は調べよう。

ということで、ネットと本で調べたところ、以下の手順で作るのが良いらしいことが分かりました。

■サービスの作り方

① サービスの概要を決める
② 似たようなサービスを受けてイメージを掴む
③ 似たようなサービスをパクる

① サービスの概要を決める

めるま

まずはどんなサービスを売るのか決めるところから始めるらしいよ

せいる

市場調査はしなくていいんでしょうか?

めるま

本当はやった方がいいんだろうけど、それで挫折したら元も子もないから、とりあえずサービス作るのでいんじゃないかな。

せいる

それもそうですね…

どんなサービスにします?

めるま

とりあえず、「伝わるプレゼンの方法教えます」みたいな感じにしようかなと。

話すだけなら楽だし。

せいる

なるほどですね。

でも、教えるだけって難しくないですか?

めるま

そのあたりは、ほら、他の人がどうやってるのか調べてみれば分かるでしょ!

というわけで、ちょっと他の人のサービス受けてみるわ!

ということで、類似サービスを検索して、実際に受けてみました。

 

※実際に受けたサービスは、上の画像のとは違うサービスです。

※ココナラでは頻繁にクーポン券が発行される(300円券や500円券が当たり前のように手に入る)ので、使うと費用がかなり抑えられます。

せいる

で、実際に受けてみてどうでした?

めるま

他の人がどうやってるのかがよくわかったよ!

プレゼン資料を受け取ってメッセージチャットでフィードバックしている人と、オンラインチャットで質問に答えてる人なんかがいたね!

めるま

ただ、印象的だったのは、それほど難しいことをやってる人がいなかったってこと!

会社で後輩にフィードバックしているのとあまり変わらない。

これならできそう!

他の人のサービスを参考にしようと思って受けてみましたが、実際は、自信に繋がったことが一番のメリットでした。

サービス出品に気遅れした時は、安いサービスでいいから積極的に受けてみると良さそうです。

 

サービス設定は15分程度でできる

めるま

それじゃあ、とりあえずサービスを作ってみよう!

必要なのは・・・

■サービス設定に最低限必要なもの

  • サービスタイトル
  • タイトル補足説明(キャッチコピー)
  • サービス内容の説明文
  • 価格決め
  • イメージ画像

めるま

価格は適当に他のサービスと同じくらいに設定して…

イメージ画像は商用利用可能な無料サイトから取ってきて…

めるま

できた!

せいる

おお!

ちゃんと出品されてる!

めるま

初めてだったけど、15分くらいでサクッと作れたよ笑

これで売れるのか、しばらく待ってみよう!

せいる

どうなるか楽しみですね!

 

ココナラサービスが売れない時の対処法

・・・1ヶ月後・・・

めるま

う…売れない…

せいる

どれどれ…

ありゃ、ほんとだ…見事に売れてない笑

めるま

最初から簡単に売れるとは思ってなかったけど、こうして実際に売れないって分かると、ちょっとショックだわ…

せいる

現実はそんなに甘くないってことですね

ちなみに、サービス分析(※)ってどうなってるんでしょうね?

※指定した期間のサービス閲覧数、購入数、いいね数が分かる機能

めるま

そういえば見てなかったわ。

どれどれ…

めるま

み…見らせてすらいない

せいる

うーん、なぜでしょうね?

サービスタイトルが悪いのかな?

めるま

わかんないけど、今のままじゃ売れないよ…

ちょっと、どうやったら売れるかネットで調べてみる

めるま

調べてみたら、こんな感じの対策をすればいいらしいってことが分かったよ。

■サービスが売れない時の対処法

  • イメージ画像を魅力的にする
  • サービスタイトルとキャッチコピーを魅力的かつ検索にひっかかるようにする
  • サービス内容の説明文を充実させる
  • プロフィールを充実させる
  • 本人確認と機密保持契約を認証する
  • 低価格で売って実績を作る

① イメージ画像を魅力的にする

イメージ画像は、ひと目で魅力が伝わる内容が望ましいです。

特にサムネイルは、サービスが一覧表示された時に最も目を引くポイントなので、魅力的な画像を用意できれば、閲覧数が増えます。

■画像作成のポイント

  • サービスイメージが伝わる画像を用いる
  • サービスのポイントが伝わる文言を入れる
  • 自分の感覚に頼らず、売れている人の画像を真似る

画像作成は、特殊なソフトを使わずとも、パワーポイントやkeynote、canvaなどで作成できます。

特に、keynotecanvaは無料で使えるので、特にお金をかけるはありません。

また、画像はO-DANタダピクイラストACなどを活用すれば、無料で商用利用可能な画像を検索することができます。

 

② サービスタイトルとキャッチコピーを魅力的かつ検索にひっかかるようにする

サービスタイトルとキャッチコピーは、イメージ画像と同様に、サービスページ(サービスの詳細ページ)を見てもらえるかどうかを左右する、重要なポイントになります。

その理由は、以下の2つです。

  • タイトルとキャッチコピーが魅力的であるほどサービスページを見たくなる
  • タイトルに検索ワードが入っていないと、検索に引っかからない

■タイトルを魅力的にするポイント

  • 実績を数字ベースで入れる(『制作実績3000部』など)
  • ターゲットを明確化する(『20~30代男性向け』など)
  • 特徴を明記する(『最短3時間で納品』など)

■タイトルへの検索ワードの入れ方

  • 購入者が検索しうるワードを洗い出す
  • なるべく検索しうるワードを盛り込む
  • 実際に検索してみて、検索画面に表示されるか確認する

 

③ サービス内容の説明文を充実させる

イメージ画像とタイトルで興味を持ったユーザーは、サービス内容の説明文を確認します。

ここでは、セールスライティングの型を使う事で、それなりの文章を作ることができます。

■セールスライティングの代表的な型

  • AIDMA
  • AIDCAS
  • PASONA

それぞれの型は、以下の順で文章を構成します。

■AIDMA

↓Attention(注意)
↓Interest(関心)
↓Desire(欲求)
↓Memory(行動)

■AIDCAS

↓Attention(注意)
↓Interest(関心)
↓Desire(欲求)
↓Conviction(確信)
↓Action(行動)

■PASONA

↓Probrem(問題)
↓Agitation(煽動)
↓Solution(解決策)
↓Narrow down(絞込)
↓Action(行動)

セールスライティングの型について、マナブさんが詳しく解説しているこちらの動画が参考になります。

④ プロフィールを充実させる

購入者は、どのサービスを購入するか比較検討したり、購入に迷った際に、プロフィールページを確認します。

プロフィールページを充実させていることが、購入してもらえるかどうかを後押しする重要なポイントになるのです。

■プロフィールページ作成のポイント

  • アイコンを自分の顔写真にする
  • サービスの信用を裏付ける実績や経歴を記載する
  • 箇条書きではなくストーリー形式で書く

 

⑤ 本人確認と機密保持契約を認証する

本人確認と機密保持契約を認証すると、プロフィールにこれらを認証したことの表示がされるようになります。

ココナラは、名前や画像が本人でなくとも登録ができてしまうため、これらの情報を登録することが、ある程度の信用に繋がります。

免許証があれば簡単に手続きできますので、ココナラに登録したらすぐに済ませるようにしましょう。

 

⑥ 低価格で売って実績を作る

サービスの販売実績や購入者からの評価は、サービス一覧ページ、サービスページ、プロフィールページに表示され、以下の点において非常に重要な意味を持ちます。

  • 購入者から見た信用
  • 検索で表示される順位

そして、ココナラの実績における重要なポイントは、途中で価格変更しても販売実績や評価に影響しないということです。

つまり、最初に500円で売って100件の販売数と満点の評価を獲得し、途中で10000円に値上げした場合、購入者側からは、10000円のサービスを満点評価で100件売ったように見えるのです

ココナラでは実績が販売に大きく影響するため、最初に低価格で売って、売り上げを伸ばす方法がよく使われます。

 

めるま

ということで、これらの対策を試してみたいと思います!

せいる

うまくいくといいですね!

めるま

大丈夫でしょ!

こんだけやったら!

 

ココナラでは売れない時は売れない

・・・1ヶ月後・・・

めるま

・・・・・・・・・・・・

せいる

…ひとつも売れませんね

めるま

なぜだ…あれだけ見直したのに

せいる

ちょっと思ったんですけど

そもそも売れないサービスだったのかもしれませんよ?

めるま

というと?

せいる

需要がないサービスだったってことです

欲しがる人がいなかったら、どれだけ魅力的に見せても売れませんよね?

めるま

なるほど…需要がなかったと…

せいる

そうです!

もしかしたら、別のサービスを作った方がいいかもです!

めるま

確か、ココナラは20個まで同時にサービスを作れたよね…

一つのサービスを売れるようにするんじゃなくて、売れるまでサービスを作り続ける方が効果的かもってことか…

めるま

よし!その方法でやろう!

1日1個ずつサービスを増やすことをノルマにするわ!

せいる

1日1個も?

どうやってそんなに早くサービス作るんですか?

めるま

できるかどうかは後回しにして、とにかく思いついたサービスを片っ端から掲載してみるよ!

どうせ売れないんだから、具体的なサービス内容は売れてから作ればいいじゃん!

せいる

…まじですか

めるま

大丈夫だよ!

万が一、僕ができないサービスが売れても、知り合いのできる人に依頼すればいいんだから!

その人にも、出品する前に話を通しておけば大丈夫だよ。

売れない時は売れるまでサービスを作り続けるのが手っ取り早い

・・・1週間後・・・

めるま

う…う…

めるま

売れたー!!!!

せいる

え!?

…ってほんとだ!売れてる!

めるま

苦節2ヶ月と1週間…

全然売れなくて正直萎えてたけど、ようやく売れて良かったよ…

せいる

よかったですねー

めるま

売れたのは、4個目に作った『FAX DM作ります』っていうサービスだったよ

せいる

へー!

いまどき、FAX DM作って欲しいっていう依頼が来るんですね

めるま

業界によっては、FAXはいまだに現役だからねー

調べてみたけど、競合になるサービスもあんまりなかったから、穴場だったのかも。

せいる

なるほどー!

こういうのも、サービス出してみないとわからないことですね!

めるま

そうだね!

他にも穴場のサービスってあるだろうし、結局、いろいろ出してみるのが一番いいのかもね!

後日談

売れたサービスを改良したらもっと売れた

後日、このサービスの設定を『サービスが売れない時の対処法』を参考に改良したところ、単価と販売数が上がり、1ヶ月で10万円の売り上げを獲得。これにより。プラチナランク(※)に昇格しました。

※プラチナランク:ココナラ販売者の最高ランク。直近3ヶ月の売り上げが10万円を超えた販売者に与えられる。

めるま

まずは売れるサービスを見つけてから、そのサービスの中身を磨く。

これが、サービスを売る近道だというのが、僕たちの結論です!

 

ココナラでサービスを出品してみる

この記事を書いたライター

めるま

・マーケティングを考えて、片っ端から試すことが好きで、実体験で学んだノウハウを記事で公開しています。
・現在の副収入は月6桁(エンジニアではない)
・マーケティング、プレゼンコンサル、記事執筆、書籍の執筆などをしています。
・読書は月に20冊ほど。

このサイトでは、仕事で活躍されたい方、ご自身で何か始められたい方向けに、経験を基にした情報を発信しています。

twitter→https://twitter.com/mailmarketing41

この記事に関連するラベル

ページトップへ