小動物飼養販売管理士とは?資格は役立つ?取得方法・難易度について

記事更新日: 2021/02/23

ライター: いなえ

小動物飼養販売管理士は協同組合ペット・サービスグループが主催する資格で【動物取扱業】を自治体に申請できる条件にあてはまるとても重要な資格です。

犬や猫に関する資格は増えてきていますが【小動物飼養販売管理士】はこんな人にオススメです。

小動物飼養販売管理士を取得するとどのような仕事に就くことができるのでしょうか?
また、資格取得にはどのような知識が求められるのでしょうか?
難易度や勉強方法などについて調査しました。

この記事では勉強のスタート前から資格取得のその後まで解説します。

小動物飼養販売管理士

-小動物飼養販売管理士-とは?
動物愛護の精神を的確に理解し実践・普及し、動物取扱を業とする人々の模範となる人
動物取扱業 販売・保管・貸出・訓練・展示
認定機関 協同組合ペット・サービスグループ
難易度 ★★★☆☆
マークシート方式
合格率 80%前後(合格点ー70点以上)
受験条件 満15歳以上/指定カリキュラムを受講
受験時期 年2回(6月・11月)
開催地 全国主要都市(開催時期による)
受験料 25,000円
テキスト 受験料金に含まれる。
認定料 5,000円
更新について 更新不要

 

小動物飼養販売管理士
詳細をみてみる >

どんな知識が必要?

小動物飼養販売管理士は小動物の体の構造や機能、哺乳類・鳥類・爬虫類の飼養管理、遺伝と遺伝性疾患。犬と猫のしつけなどの知識が求められます。

 小動物飼養販売管理士の資格試験にむけて学ぶ内容 

以下一例

  • 動物愛護管理法
  • 小動物の体の構造と機能
  • 栄養について
  • 小動物の飼養管理
  • 公衆衛生とし疾病
  • 遺伝と遺伝性疾患
  • 犬のしつけ
  • 猫のしつけ
  • 哺乳類の飼養管理
  • 鳥類の飼養管理
  • 爬虫類の飼養管理

小動物飼養販売管理士の受験を通してペットと共に暮らす正しい知識を学ぶことができます。

また生き物を扱ううえで特に重要な生物の知識、法律・獣医学・行動学・栄養学などは最新の情報で学ぶ事ができます。

 

試験の方法・内容は?

試験は春と夏の期間に申し込みが可能で、試験は教材の代金が含まれている25,000円が必要です。

資料請求をすると【申し込み用紙・資料】が郵送されるので資料に沿って対応する事になります。

勉強方法について

小動物飼養販売管理士に申し込み、料金を支払ったのち教材が届けられます。

テキスト教材である程度学んだあとは模擬試験に取り組みます。

※自宅学習の期間目安は2~5か月です。

 

過去の試験問題は全て非公開ですが、資格を発行している協会が監修している教材なので、しっかりと勉強していれば合格できる内容となっています。
(合格率-約80%)

資格試験当日も講習のあとに本試験をおこなうので、試験の要点などはおさえられるかと予想されます。

 

認定試験はマークシート方式で行われる全国一斉試験で、主要な都道府県が試験開催地となっています。

※春と夏の申し込みによって開催している試験会場は異なるのでご注意ください。

申込期間【1月~4月末日】
→6月27日 認定試験

・札幌 ・盛岡 ・東京 ・名古屋 ・大阪 ・福岡

申込期間【4月~9月末日】
→11月14日 認定試験

・札幌 ・新潟 ・東京 ・名古屋 ・大阪 ・姫路 ・福岡

もし試験に落ちてしまった場合は次回の受験に限り5,000円で再受験が可能です。

 

証明書は永久証明!

資格試験に合格したあとは認定登録手続きをおこなう流れになります。

この資格は認定&登録に費用がかかりますが、更新などは一切必要ないので一生使える資格です。

試験に合格し、認定登録手続きを済ませると【資格認定証】が送られます。

金額は税込みで5,000円です。

繰り返しますが資格に更新は必要ないので生涯持続的に小動物飼養販売管理士として肩書きを名乗る事が可能なのでペット業界で活動する際に重宝します。

 

※資格証は持ち運びできるカード上の認定証ではなく、顔写真の記載もありません。

業務上お客様と相対し、その場で資格を証明したい場合には不向きな資格かと思われますのでご注意ください。

 

資格をとったらできる事は??

小動物飼養販売管理士として認定された後は様々な仕事を引き受ける事ができます。

▼活躍できる仕事・活動
  • ペットショップ
  • ペット保険
  • 行政機関・担当窓口
  • トリマー
  • ボランティア活動
  • アドバイザー
  • 猫カフェ・フクロウカフェ
など

ペット業界は生き物を大事に思う人たちをお客様とするので【正しい知識がある】と証明できることはとても重要なことです。

 

小動物飼養販売管理士を持つことで信頼性がグッと増すので、アルバイトはもちろん転職でもプラスになります。

自分でビジネス/副業を始める際にもカルチャースクールやアドバイザーとして飼育全般について教える事ができます。

小動物飼養販売管理士について
さらに詳しくみてみる >

最後に

小動物飼養販売管理士を学ぶカリキュラムは時代のニーズに応えられる専門性と実践性の高い内容で構成されているので、資格取得を通して学んだ内容は業界で働いていく上でとても役立つ知識です。

また、この資格を持っておく事でペットに関わる専門学校や大学を卒業していなくても【動物取扱業】を申請する際に必要な動物取扱責任者にもなる事が可能です。

今後「お店の責任者として働きたい」「起業する可能性がある」という方は特におすすめの資格です。

 

お悩みのようでしたら、そのほか動物に関わる資格についてまとめてあるページがあるので是非参考にしてください。

資格を通してあなたの未来が拡がる事を応援しています。

この記事を書いたライター

いなえ

好奇心旺盛の32歳。

ライター兼ライススタイルアドバイザーとして活動。

みんなが右を向いていると左を向きたくなるアマノジャク。

時に毒舌。

この記事に関連するラベル

ページトップへ