ドッグフードおすすめランキングの罠|本当に愛犬を守りたい人へ

記事更新日: 2019/06/17

ライター: アコ

優子ちゃん

最近、ドッグフードのこと調べてて、ネットでランキング記事をよく読んでるの。

みんなよく調べてるよねー!

アコ

あーっ!それは微妙なヤツ・・・

みんなさ、同じようなフードばっかり出てこない?

優子ちゃん

そうなの!だからそれに変えてみようかなって。

アコ

(´;ω;`)ウゥゥ

なんと。ごめん、私が毒舌なのは知ってると思うけれど、

ハッキリ言わせてもらう。それはね・・・

ザ・情弱!

優子ちゃん

アコ

ごめん、泣かないで(;'∀')

本当に犬のことを考えるなら、情弱にはなって欲しくないので、

本当のことを教えるよ。

あれは記事を書いて売れたら広告料がもらえるやつだわ。

なので、もらえる金額が大きいドッグフードを、

どこの記事もイチオシしているね。

優子ちゃん

じゃあ、どうやって選んだら良いの?

そういえばドッグフードに詳しいって言ってたよね?

アコ

詳しいっていうか、むしろドッグフードオタクだね。

もう100種類以上は自分で食べてるよ。

優子ちゃん

うそでしょ・・・ないわそれ、犬のごはん、食べないでしょ。

アコ

えー!自分で食べられないものを犬に食べさせられないと思ってさ。

自分が食べられるやつしかあげてないよ。

優子ちゃん

なるほどね!確かにそうかも。

それよりさ、なんか勉強してたじゃん、犬の健康について。

アコ

あれね、ホリスティックケアカウンセラーっていう資格だよ。

色々勉強した上でドッグフードを選びたいからね。

これね。

優子ちゃん

ドッグフードの種類ってすごい沢山あるからさ、選び方が分からないの。

なるべくうちの犬には元気で長生きして欲しいし。

アコ

そうだよね。私もそう思ったから頭が痛くなる位に勉強したよ。

良いものしかあげてないから、うちの犬は15歳でも元気に全力ダッシュで走り回っているよ!

もう老犬なのに先日の健康診断はオールAだったからね。

優子ちゃん

シニアになっても走り回れるのっていいな。

でもぶっちゃけ全部勉強するの、大変そう(´;ω;`)

何かオススメを教えて欲しいな。

アコ

もちろん!優子ちゃんには頭痛くなってほしくないし、全てのわんちゃんが元気でいて欲しいからね☆

ドッグフードの選び方と、おすすめドッグフードを解説しますね。

自分自身が食べたことがあって、愛犬にも食べさせたことがあるものだけを厳選します。

このページの目次

いつまでも全力ダッシュする元気な犬に!ドッグフードの選び方

ドッグフードを選ぶ際に、どんな基準で選んでいますか?

  • 有名なメーカのもの
  • チワワやトイプードルなどの犬種別
  • 獣医推奨!とパッケージに書かれているもの
  • 国産だから or 外国産だから
  • パピー用・シニア用などの年齢別
  • 合成添加物が無添加だから

大体このような理由でしょうか?

まさかですが、

「近所のスーパーで売っていて一番安いからだよ」

という理由でドッグフードを選んでいる人は、このページを読んでいないですよね♡

おそらく愛犬の健康を守りたくてネットで検索した結果、このページにたどり着いたと思います。

あちこち検索して、同じようなドッグフードが上位に上がっているランキング記事を見たことがありませんか?

優子ちゃん

どこも大体同じフードがSランクでイチオシなの!

なんでそれじゃダメなの?

アコ

そうなんだよね。

ドッグフードの広告料って安いものから高いものまで様々なの。

だから高いものにブロガーの高評価が偏りがち。

だから本当に良いフードを見分ける力を付けて欲しいな。

パッケージや各メーカーのサイトなどからどのように情報を得て、

どのように自分の愛犬にあったドッグフードを選んでいけば良いのか、悩んでいるのではないでしょうか。

私も悩んで悩んで・・・

自分の犬、それから8年間で生活を共にした40頭以上の保護犬たちのご飯選びを考えない日はありません。

この記事はこんな人のために書きました。

  • たくさんドッグフードがありすぎて分からない
  • 愛犬にできるだけ良いものを食べさせたい
  • どうしても愛犬に長生きして欲しい
  • 長生きするだけじゃなくて、元気でいて欲しい

アコ

みなさんには私のように頭が痛くなるほど悩んで欲しくないので、

15年かけて研究してきたポイントを解説させてもらいますね。

みなさんの愛犬にも元気で走り回れる健康を保ったまま、長生きして欲しいと思います!

ドッグフード選びを慎重にするべき3つの理由

日本国内で販売されるドッグフードは百種類以上。どれが良いのか選ぶのは本当に大変です。

大変すぎてすぐそこで売っているドッグフードを選びたくなる気持ちは分かります。

でも、そんな気持ちをちょっと押さえて、愛犬のために慎重にドッグフードを選びませんか。

アコ

なんでそんなに慎重に選ばなくちゃいけないのか、

その理由を説明しますね。

利益重視による品質低下

アコ

つまりお金儲けだけを最優先。

犬のことはあまり考えていない。

何百種類もあるドッグフード。

スーパーやホームセンターには大手メーカーが作った「獣医さん推奨」などの記載が入ったドッグフードが沢山並んでいます。

もし、その中に、コスト重視で粗悪な原材料を使っていたり、発がん性物質が含まれる保存料を使っているものがあるとしたらどうでしょうか?

今使っているドッグフードや、スーパーなどで売られている「獣医さん推奨」のラベルがあるドッグフードの原材料の記載の中に合成保存料が含まれていませんか?

「BHA」などの発がん性物質、「BHT」などの遺伝子を変異させる力を持つ物質、「エトキシキン」のような人間の食べ物に使われることが禁止されている農薬など書かれていたら、要注意!

これらの合成保存料を使うことで、長期間の保存や高温になるコンテナでの長距離輸送を可能にしています。

大量に効率よく生産して、なるべく廃棄するリスクを少なくするためには、当然の結果なんですよね。

危険な添加物を入れてまで利益重視で作られたドッグフードを「買わされる」なんてことがあってはイケナイと思います。

だから賢くなって、ドッグフードを選びたいですね。

アコ

個人的に気になっているのは「硫酸亜鉛」という材木の防腐剤として使われる添加物。

厚生労働省の「職場のあんぜんサイト」によると、硫酸亜鉛には以下の注意が掲載されています。

危険有害性情報 飲み込むと有害

重篤な眼の損傷

生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い

呼吸器と消化管の障害のおそれ 長期にわたる、又は反復ばく露による消化管の障害

水生生物に非常に強い毒性 長期継続的影響によって水生生物に非常に強い毒性

赤ちゃんの粉ミルクなどにも添加が許されているので、直ちにどうのこうのというものではありません。

医療的にも「亜鉛不足」の治療や点眼剤には使われているそうです。

分量を間違えなければ有効な成分です。

但し、これを長期与えることには若干の疑問を感じております。

新しい「隠れ防腐剤」の予感・・・です。

 

今の決断が半年後の愛犬の身体を作る

アコ

食べたものが血となり肉となるわけです。

今食べているドッグフードが、1ケ月後・半年後の愛犬の健康を作るのです。

毎日毒性がある物質を食べ続けることと、

立派な筋肉や骨の基となる質が良いフードだけを食べ続けること、

これらの違いは確実に半年後の健康診断の結果に違いが出てきます。

無添加でプレミアムなドッグフードは、なかなかお値段が高いです。

それでも安全なドッグフードをおすすめするのは、愛犬に元気でいて欲しいというだけではなく、

生涯で考えた場合のコストも安くなるからです。

一見、プレミアムドッグフードはお値段が高いようでも、

良質なドッグフードを食べさせた方が、医療費がかからなくなります。

現実に、我が家の愛犬は病気知らずで15歳になったのですが、

動物病院に行くのは、ほぼ健康診断とワクチンのみです。

また、病気にならないと、動物健康保険が割引になったりもします。

我が家は毎年5~10%割引になっています。

健康保険の健康割引だけで、年間7,000円節約できているんですよ~!

いつも元気で走り回り、いつも艶々でいてくれて、その上年間の支出が抑えられるのは、

飼い主にとってはこの上なく嬉しいですよね。

 

ECOな暮らしからの環境へのローインパクト

アコ

犬に優しい=環境に優しい

生産効率を上げるために使われている強い農薬。

これらを使っていると愛犬への健康被害が心配になるのはもちろんなのですが、

地球のどこかで、農薬たっぷりの穀物が作られ、それを食べて家畜が生産され、それらの肉を愛犬が摂取しているとしたらどうでしょうか?

愛犬の健康のために、安心で安全なフードを選んだ結果は、地球にやさしい農産物の生産を応援し、原材料となる牛や豚の健やかな育成にも貢献することになるます。

同じ地球で暮らすものとして、そして動物と一緒に生活する者として、

やはり地球になるべくインパクトが少ない生活を心がけたいですよね。

「ローインパクト」

この言葉を呪文のように唱え続ける私としては、なるべく自然な物を人も犬も摂り続けたいと思います☆

愛犬は自分でドッグフードを選ぶことが出来ません。

飼い主さんだけが慎重に選んであげることが出来るのです。

 

ドッグフード選びの超重要ポイント!6つ解説

優子ちゃん

慎重に選べって言われてもどんなことに気を付けるのか分からないんだよね・・・

アコ

ポイントは沢山あるんだけど犬によって違う点も沢山あるの。

今日は全ての犬にとって、

「この点だけは絶対に押さえて欲しい」というところを説明しますね。

必要な栄養素が含まれている

犬に必要な栄養素は5つ。

蛋白質・脂肪・炭水化物(糖)・ビタミン・ミネラル

この中でも、蛋白質と脂肪の量と質にはかなりこだわる必要があります。

蛋白質は全体の20~30%前後が適切と言われています。

それ以下ですと、栄養失調になりますし、毛艶が悪くなる、皮膚病になりやすくなるなどの症状が出てきていまいます。

逆に蛋白質を与えすぎてしまうと、腎臓や肝臓などの臓器に負担がかかってしまいます。

ですので、良質な蛋白質を適量与える必要があります。

油脂は最低5.5%以上必要と言われています。

アコ

例えばこんな感じでドッグフードの袋やホームページに表記されています。

これは『みらいのドッグフード(膵臓サポート)』

低脂肪と言われるドッグフードでは脂肪は6~7%前後、それ以外のドッグフードでは15%前後のものが多くなっています。

油脂分は時間の経過や光に当たることにより、「酸化」といって品質が低下していきます。

中には高温になることで酸化する種類の油もあります。

従って、できるだけ新鮮な状態で入手できるドッグフードや、

高温にならないような手段でメーカーから出荷されているドッグフードを選ぶ必要があります。

 

原材料の一番最初か二番目に「肉」や「魚」が記載されている

ドッグフードの原材料の表記は、「多いものから順番に」記載されています。

犬に必要な蛋白質の量を確保するためには、肉や魚の表記が1番か2番に表記されていることが好ましいです。

つまり「肉推しフード」ですね。

アコ

例えばこんな感じです。

これはYumYumYum!の原材料名。

一番最初に「鶏肉」と書かれてます。

 

蛋白質と油脂の質にこだわっている

ドッグフードの中でも蛋白質の「質」はとても大切です。どのように質にこだわっているのかを見分けるのかというと・・・

ズバリ、「お肉やお魚の種類が書かれているもの」を選んでください。

「肉類」「〇〇ミート」などはNGです。

「鶏肉」「サーモン」「ラム」「ターキー」など、種類がハッキリと書かれているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

油脂も蛋白質と考え方は同様なのですが、「油の種類」が書かれているドッグフードが良いです!

一番悪い例ですと「油脂」しか書かれていません。これでは何の油が含まれているか分かりませんので、心配ですよね。

「鶏油」「サーモンオイル」など、油の種類が明記されているドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、動物性油脂だけではなく、植物性油脂が含まれていることも確認することをおすすめします。

 

グレインフリー神話はとっくに崩壊している

優子ちゃん

犬は穀物を食べないって聞くよね。

グレインフリーが本来の犬の食餌に近いってどこかで読んだよ!

アコ

そうなんだよね。

ひと昔前はグレインフリーが大流行していたよ。

ただし、今は加工技術が進んだので、あまり気にしなくて良くなったね。

家庭犬の運動量を考えると、グレインフリーフードは体質によってはちょっと重たいんだよね。

穀物アレルギーでなければ、そんなに気にしなくてOK!

グルテンフリーグレインフリーについて聞いたことはありますか?

グレインとは米や小麦などの穀物のことを指します。

つまり穀物を使わないフードは「グレインフリーフード」となります。

また、穀物の中でも小麦粉などグルテンという物質を含む材料を使っていないものを「グルテンフリー」と言います。

ドッグフードにこだわっている人の中には、「グレインフリー」へのこだわりが強い人がいます。

とはいえ、かつての私もそうでした。

グレインフリーにこだわってフードを探していました。

でも、いきついた結論としては、

グレインフリーにこだわらなくてOK。出来ればグルテンフリー

ということでした。

グレインフリーがもてはやされる理由としては、

「穀物の消化が苦手」

「野生の犬はそもそも穀物を食べない」

などのようです。

ですが、最近では犬が消化しやすい加工技術が進みましたので、

「穀物が入っていないもの」

に拘る必要は無くなりました。

「消化しやすい状態の穀物」であれば、含まれていても全く問題ありません。

そのため、グレインフリーでなければいけないということはありません。

また、腎機能が弱めでたんぱく質の吸収・消化がうまく出来ない体質の犬にとっては穀物は大変貴重な栄養源となります。

また老犬や病後の回復期には、穀物は体に負担が少ないエネルギー補給材料となります。

加工技術が進化した昨今では、良質で消化しやすい状態に加工された穀物であれば、あえて避ける必要は無い時代になりました。

グルテンについては、腸内環境を乱しやすいので、注意が必要です。

アコ

大麦に含まれるのはグルテンではなく、ホルデインというたんぱく質。

「大麦使用のグルテンフリーなのでこのフードはOK!」みたいに書いてるwebサイトもあります。確かにグルテンフリーなのですが、グルテンに似たたんぱく質が含まれていますので、グルテンアレルギーの犬は注意してくださいね。

 

合成の「保存料、酸化防止剤、着色料、防腐剤」が無添加であること

保存料や酸化防止剤などに合成のものが含まれていないことはとても大切なことです。

特にBHA、BHT、エトキシキンは、発がん性物質でもあるため、最低でも避けたいところです。

保存料や酸化防止剤などのみではなく、ビタミン類なども、

できるだけ合成ではないものを使っているかどうか、注意して確認するようにしましょう。

 

輸入品の場合は原産国との価格差に注目

輸入品の場合、原産国との価格差に注目してください。

Amazonで簡単に調べられます。

原産国の方が3割以上安い場合は要注意です。

それだけ広告料や運送コストなどが乗っかっているということです。

プレミアムなお値段の中身が原材料ではないところにかかる比率が大きいのは、ちょっと嫌ですよね。

アコ

中には原産国で半額で売られているものもあります

輸入品と国産品が同じ価格であれば、国産品の方が原材料や品質管理にキッチリコストをかけている可能性が高いですね。いや、その国産業者が悪徳じゃなければ、という条件付きですが。

 

無添加なら安全なの?無添加表記の危ない罠

BHAなどの添加物の危険性が知られるようになり、合成保存料などの無添加のドッグフードがここ10年で急激に増えました。

私も最初は「無添加なら安心だよね!」と思っていました。

ですが、フードの安全性を勉強しているうちに、アブナイ情報に辿り着いてしまいました。

優子ちゃん

え?無添加でもダメなの?

アコ

そう思うよね。無添加という表示は工場で何かを添加していなければ「無添加」になっちゃうから。

つまり原材料を仕入れる前に、保存料などが添加されていたら無添加になっちゃう。

これが「キャリーオーバー」の問題です。

見せかけ上、原材料には添加物は入っていないのです。

ドッグフードを原材料から製造する際に添加物を加えなければ無添加です。

つまり材料を育てている段階や精肉にしてから出荷するまでの段階で加えられた添加物については、ノーカウントなんですね。

ドッグフードを作る段階で無添加であっても、材料になる鶏が抗生物質を沢山投与されていたり、

添加物たっぷりの餌を食べて育っていたらどうでしょうか?

それらの薬や添加物は、ドッグフードにも間接的に含まれることになります。

これを「キャリーオーバー」と言います。

 

キャリーオーバーを見分けるポイント3つ

添加物や農薬がキャリーオーバーしているかどうかなんて、ドッグフードのどこを見ても書かれてはいません。

ではどのようにしてキャリーオーバーを見分ければ良いのでしょうか。ポイントを解説していきます。

 

1.賞味期限が長すぎない

保存料がキャリーオーバーされているドッグフードは、賞味期限が2年など極端に長い傾向にあります。無添加のドッグフードでしたら少なくとも1年以内が妥当ですし、中には半年のものや、開封後は冷蔵庫で1ケ月以内に使い切ることが推奨されているものがあります。

賞味期限が1年以内のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

2.値段が安すぎではない

原材料となる鶏肉やラムの飼養において、コストを下げようとすると飼育環境が劣悪になっていきます。

例えば狭い所にぎゅーぎゅーに詰め込んで飼養されたりします。

その結果、運動不足で弱ったり、免疫力が弱くなるためウイルス性疾患が流行りやすくなったりするんですね。

その結果、何が起こるのかとうと、抗生物質や大量の薬品が必要になります。

そんな環境で育った材料で作ったドッグフードを食べさせたくないですよね。

目安として、100gあたり100円は最低でも越えていることを確認しましょう。

 

3.水分量が多いのに常温保存が可能

水分量が多いと、その分、保存可能な期間は短くなります。

例えば水分量が多いウエットフードは缶詰やレトルトパウチでなければ本来は保存が出来ません。

そのため無添加ドッグフードは水分量が極限まで減らされていたり、真空パックなどの工夫がされています。

それなのに、常温保存可能な無添加半生フードがあったりするのですが、ちょっとこれは疑問ですよね。

水分量が多いのに無添加で常温保存が可能な普通の袋入りのフードはちょっと疑問に思った方がよさそうですよね。

セミモイスト・半生などと記載されていると思います。レトルトパウチならOK!

 

おすすめドッグフード比較ランキング

それでは実際にどんなドッグフードがおすすめなのか、比較していきたいと思います。

無添加やヒューマングレードという人間が食べられるグレードの原材料を使っているは当たり前、さらにこだわりポイントが詰まったフードばかりです。

アコ

偶然か必然か・・・

全部オイルコーティングフリーとなりました。

ドッグフードの最終工程で食欲をアップするためにオイルを吹きかけることがあります。

油が酸化しやすくなるし、袋を開けたときにもわーっと嫌な臭いがします。

オイルコーティングフリーは袋を開けると良い香りがしますよ。

1位:動物愛から誕生した品質満足度達成フード:Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)

メーカー
株式会社カラーズ
商品名
『Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)』
価格
3,190円
内容量
500g×2(1kg)
評価

 

このドッグフードのここがおすすめ

・材料を契約農家から仕入れているため生産者の「顔」が見える

・第三者機関の調査で、品質満足度5冠達成

・第三者機関の検査で、フードが酸化していないことを定期的に検査済

・袋を開けると鰹節の良い匂いがする

このドッグフードのここがイマイチ

・やわらかドライは固まっているので、手でほぐす必要あり(悪い添加物を使っていないので当然)

・ホームページが若干重い(←フードには関係無いけれど)

愛犬の食べムラやぐるめっぷりに日々振り回されていませんか?

トイプードルちゃんとか、チワワちゃんとかの食べ渋り。あるあるですよね。

困ったときにすごく頼りにしています♡

犬じゃなくて人間も食欲をそそられる匂いがするんですよ。

袋を開けると、ふわ~っと良い香りがします。カツオはお出汁の香りそのもの。

チキンはスープかな。

フードがサラっとしていて、手で触っても油がついたりはしません。

アコ

チキンドライはこんな感じ。

真ん中が丸く盛り上がっているタイプで、

チワワなどお口が小さな小型犬も食べやすい形をしています。

アコ

やわらかドライ「かつお」はこんな感じ。

水分を含んでいてもパラパラになるような添加物を使っていないので、

袋から出すとちょっとくっついています。

とっても香りが強いので、トレーニングのトリーツとしても良いのではないかと思いますよ。

アコ

お試しサイズがあるので、食いつきが心配な愛犬も安心♡ 食べ渋りのお悩み相談には、まずこちらをご提案しています。 神戸や六本木に店舗をかまえるグリーンドッグさんの商品です。

グリーンドッグさんは、自社製品のみならず取り扱う全てのフードを第三者検査機関で検査を実施するほどの徹底ぶり

設立当初、無添加などの安全なドッグフードを扱う会社は、今のように沢山無かったんです。

このように色々選べる時代を作ってくださったことに、感謝♡

YumYumYum!の品質のみならず、企業さんとして尊敬できるので圧倒的No.1です。

2位:製薬会社がつくった薬膳:みらいのドッグフード

メーカー
自然の森製薬
商品名
『みらいのドッグフード』
価格
5,000円   定期購入4,000円
内容量
1kg
評価
  

 

このドッグフードのここがおすすめ

・腸とお口のダブルケア

・製薬会社が開発した漢方とマクロビに基づく薬膳フード

・年代別・病気別に選べる薬膳

・漢方きのこ10種類+天然サプリ36種類

このドッグフードのここがイマイチ

・何故かホームページに全材料が掲載されていない(製品の袋には書かれている)

・魚粉が何の魚か明記されていない

・若干お高い(有効成分山盛りなのでトータルコストは割安)

現在、うちの愛犬が食べているのがこちらのフードになります。

血液検査で何も異常が見られないものの、年と共に消化能力が落ちてきています。でも、病院で処方してくれる高消化性の療法食にはBHAなどの添加物が入っているのです。

そこで、探してたどり着いたのがこちらの薬膳♡療法食タイプのドッグフードです。

若くて健康に問題が無い愛犬には『ご長寿サポート』、気になる症状がある愛犬には各種療法食から適応するものを選べますよね。

また、愛犬が健康でいるためには、腸内で免疫を健康に保つことに加え、お口中を健康に保つことが重要になります。

腫瘍タイプを除く全てのフードの全てのコースに、お口ケアと腸内ケアのための乳酸菌パウダーがついてくるのも嬉しいポイントです。

ごはんにかけるだけの簡単ケアですからね。

アコ

「美味しい漢方」というだけあって、人間がかじっても美味しいです。

嫌な臭いが一切無いですね。

これは膵臓サポートの原材料になります。

合成添加物が使われていないですよね。

アコ

このフードを選んでいる人たちは、

シニアや健康に悩みがあるワンちゃんが多いですね。

「美味しい薬膳」と謳っているだけあり、苦みなどもありません。

まさしくこだわり抜いて最終的に選んでいるのではないでしょうか。

私自身も「もっと早く出会いたかった!」と心から感じています。

3位:マイカルテから最適フードを提案:レオ&レア

メーカー
株式会社ワントモ
商品名
『レオ&レア』
価格
2,450円
内容量
800g
評価

 

このドッグフードのここがおすすめ

・生産者と流通経路について証拠が分かるメイン食材

・注文後に作成されるので新鮮

・愛犬の写真入りパッケージでお届け

・マイカルテの利用で最適なフードが提案される

このドッグフードのここがイマイチ

・写真入りパッケージはやっぱり不要だとひそかに感じている(笑)(フードには関係ないけれど)

・獣医師監修となっているが誰が監修しているか不明

国産牛肉をふんだに使ったくいつきの良さが評判の「レオ&レア」。

愛犬情報を登録すると最適なレシピのドッグフードを提案してもらうことが出来ます。年齢などによって、必要な栄養の割合って変わるものです。

だから提案してくれるのは、すごく助かりますよね。

袋を開けると鰹節の良い香りがするのも◎。

犬じゃなくて人間も食欲をそそられる匂いがするんですよ。

アコ

愛犬の写真入りのオリジナルパッケージで届くので、食べ終わった後もパッケージを捨てにくかったりする笑

4位:ツマミになるほど美味しいのになぜか知られてない:マンマ・モイ フィッシュ 

メーカー
株式会社plust
商品名
マンマモイ・フィッシュ
価格
3,283円
内容量
800g
評価

 

このドッグフードのここがおすすめ

・お肉を使っていない

・合成のサプリメント不使用

・穀物は焙煎してから使っている

・とにかく美味しそうでお出汁のような良い匂い。

このドッグフードのここがイマイチ

・味が上品なので偏食ちゃんからは不評(トッピングで回避!)

・若干お高いか?

『マンマ・モイ フィッシュ』は、お肉を一切使っていないのです。

お肉にアレルギーがある愛犬も安心して食べられますね。

なぜかあまり宣伝されていなくて、知らない人が多いのです。

このドッグフードは沢山の人に知って欲しいですね。

栄養バランスのみならず、自己治癒力を高めると言われるビワの葉もチョイスされています。

アコ

これ、ついさっきも食べました。お預かり中の保護犬ちゃん用に現在は常備中です。

ツマミにしても良い位に美味しいですよ。

No.1にしたい気持ちもあるのですが、若干お高いのと、味が上品なので中には食いつきがイマイチなコがいます。

食べてくれないコは「大人プードルちゃんの美味しいごはん」や「ヘルマン」などをトッピングすると良いかも。

5位:身体の中から涙やけ対策:Dr.ケアワン

メーカー
株式会社アニマルライフ研究所(キュアペット)
商品名
『Dr.ケアワン』
価格
3,000円
内容量
800g
評価

 

このドッグフードのここがおすすめ

・消化と腸内ケアに注力

・抗酸化成分配合

・グルコサミンなどサプリ配合

・お魚と鶏肉両方を使用したアミノ酸バランスの良さ

このドッグフードのここがイマイチ

・上品な同じで偏食ちゃんは最初は食べないかもしれない(返金保証付きで安心)

・定期コースのみなので、単発で申し込めない(1回のみで定期コース解約OK)

もしも涙やけで悩んでいるなら一度は試して欲しいフードです。

涙やけは消化不良との関係や、合成ミネラルサプリメントとの関係が深いと言われています。

ですから消化と合成のミネラルを使っていないこの『Dr.ケアワン』は涙やけとの相性が良い製品ですね。

製造工場は国際規格の衛生管理基準HACCPに準拠という点も安心できます。

「〇〇先生監修」というフードはその先生がどんな方なのかという点がPOINT。

このフードを監修した桜井先生は日本動物看護学会の理事長であり、専門書を多数執筆。

「出世と実力は別じゃない?」って思うかもしれません。

でも逆にこれだけの立場の方がおかしなフードを監修したら、失うものが大きいことは明白です。

アコ

涙やけじゃなくても、おすすめできるドッグフードです。

これもめっちゃ良い香りなんです。

味はYumYumYum!のチキンとカツオを足して2で割った感じです。

気になるコストなど色々比較

安心なドッグフードを与えたい、

なるべく良いものを与えたい、

そうは言ってもやはりコストは気になります。

優子ちゃん

色んなドッグフードがあるのね。

で、なんだかよく分からなくなっちゃった(-_-;)

アコ

ごめんごめん。

比較しやすいように、

「お値段」「主なたんぱく質」「たんぱく質割合」「原産国」をここで紹介しなかったドッグフードも混ぜて、表形式でまとめてみるね。

※定期便がある場合は、定期便の価格で記載しています。定期便も1回のみで解約可能ですので、定期便の方がお得です。

 

ドッグフードのおすすめまとめ

プレミアムドッグフードはこれだけではありません。

合成保存料無添加・良質な材料を使っているものは他にも沢山あります。

また、身体のバランスを保つためには、同じフードや同じたん白質を食べ続けないことが好ましいとされているので、

私はこれらのプレミアムフードを定期的にローテーションすることをおすすめしています。

それぞれのメーカーさんの開発の想いを読み、

愛犬が美味しそうに食べている姿を見ると、

こういった良いフードが市場に増え、劣悪な利益だけを追求したフードが市場から無くなってくれたらいいなー、と思います。

ワンちゃんの好みや体の中の状態はそれぞれ違うと思います。

愛犬の体を思えばこそ、選択に迷うとは思いますが、

少なくとも安全であるものを選びつつ、

あまり神経質にならずにデーン構えていることが何よりなのではないかなと思っています。

ドッグフード選びも、愛犬との生活も、楽しむのが一番ですよね!

レビューして欲しいドッグフードなどがあれば、ぜひご連絡くださいね。

たぶん、一度は試しているフードばっかりなので、喜んで解説しちゃいます☆

この記事を書いたライター

アコ

新卒で入社した会社を10か月で退職。

リゾートバイトや会員制ホテル、人材派遣・紹介会社勤務を経て、インフラエンジニア18年。

一部上場企業でマネージャーやってました。

プライベートでは犬にどっぷりハマり、保護活動(預かりボランティア)にゆるく参加。

8年間で預かって生活を共にした保護犬は45頭。

この記事に関連するラベル

ページトップへ