人事が検証|ビズリーチの評判は悪い?年収UPのコツや注意点も伝授

記事更新日: 2020/01/13

ライター: るてぃ

この記事を書いた人
現役人事 るてぃ

営業を経験した後は、100名規模のベンチャー企業の人事を約3年担当。

現在は100社以上の人材紹介・派遣会社とやりとりしながら、ダイレクトリクルーティングサービス(スカウト型)も並行して活用中。今まで見てきたレジュメ、エントリーシートの数は2万5千以上。
ビズリーチは運用経験2年以上。自分で登録して使ってみたこともあります。

CMの印象が強いビズリーチ。

「即戦力・ハイクラス」かつ課金制と他の転職サービスとは差別化したサービスを売りにしているため、

 

年収600万はハイクラスに入る?
転職で年収UPできるかな?

 

年収500万未満はそもそも相手にされない?

 

課金はした方が良いの?

と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、年収600万から100万UPの転職に成功した田中さんにお話を聞き、

  • 課金せずにビズリーチを使い倒す方法
  • 年収100万UPのためにやったこと

を伝授してもらいました。

 

また、ビズリーチ運用歴2年以上、ほぼ毎日ビズリーチ上の職務経歴書を見てきた私が、

  • ビズリーチの悪い口コミ
  • ビズリーチでスカウトをもらうコツ
  • スカウトメールの注意点

も暴露したいと思います。

 

結論、ビズリーチは上手に活用すれば、課金なしでも年収UPの可能性が十分にある転職サービスです。

るてぃ

ビズリーチのサービスの特徴をしっかり理解して、賢く活用していきましょう!!

ビズリーチとは

るてぃ

ビズリーチはハイキャリア向けの転職サービスです。

ビズリーチはいわゆるダイレクトリクルーティングサービスのジャンルに入ります。

ビズリーチを活用し、企業やエージェントから直接スカウトメールをもらうことで転職を有利に進めることができます。

参照:ビズリーチ公式HP

るてぃ

ビズリーチの特徴についてまとめてみました

ビズリーチはハイキャリア向けと謳うくらいなので、年収1000万を超える求人の数は全体1/3以上!

公開求人は10万件以上なので、年収1000万以上の求人は3万件以上あると言えます。


実際、登録している会員属性も平均年齢が40歳、平均年収は840万と一般に比べて大分高いです。

ビズリーチは、会員属性が、平均年齢40歳、平均年収840万円、6割以上がマネジメント経験者という(※1)、日本最大級の即戦力人材プラットフォームとして成長を遂げました。

2016年8月から9月にかけて株式会社シード・プランニングが行った「転職サイトの利用動向調査」では、年収600万円以上のビジネスパーソンが支持する転職サービスNo.1を獲得(※2)するなど、利用者からも高い評価を得ています。
引用:ビズリーチ プレスリリース

るてぃ

私が勤めている会社では、ビズリーチはもちろんリクナビNEXTやエン転職などほとんどの媒体は使ったことがあるけど、登録している候補者のレベルは全然違いますね・・・!

ビズリーチが出しているデータを見ても35歳以上の転職実績の高さは惹かれるものがあります。

※ただビズリーチは年収3000万以上の人も多くいるので、その人がデータを引き上げている可能性もあります。

参照:ビズリーチ公式HP

 

実際、ビズリーチでは登録時にランク付けされ、会員クラスによって受けられるサービスの内容が変わります。

  • タレント会員:目安 年収750万以下
  • ハイクラス会員:目安 年収750万以上
    ※ランクは「現在の年収」を含むビズリーチ独自の審査基準により決定されるため目安の年収です。

また、課金をするかどうかでサービスの内容が変わります。

るてぃ

大きな違いを図でまとめてみました

 

うーん、課金した方が良いのか気になる。

実際に登録している人の反応はどうなの?

るてぃ

任せてください!
良い口コミはHPにのっているので、悪い口コミ中心にまとめてみました!

ビズリーチの悪い口コミ

無料会員だと制限がある

るてぃ

ビズリーチは本当にプレミアム会員じゃないと出来ることが少ないです。

ただ、30日(最大3か月程度)はプレミアムチケットを活用すれば、無料でプレミアム会員になれるのでそれを活用した方が良いです!!

 

エージェントの質にムラがある

るてぃ

スカウトはSランク評価のヘッドハンターから、スカウトが来たからって浮かれすぎないで!

複数人のヘッドハンターがいる会社では、評価の高い人名義でスカウトを打って、実際に会うのは別の人って場合も稀にあります。

 

<ビズリーチランク別の人数と割合>

エージェントの対応が悪い

るてぃ

エージェントによっては、深夜や大晦日にメールを送ってくる非常識な人もいます。

 

カジュアル面談の名目で面接される

るてぃ

カジュアル面談の方がハードルが低くなるからそう言います。
面談でも面接でも説明会でも人事が転職検討者と会うときは見極めの時間と認識してください。

ただ、カジュアル面談では、候補者自らプレゼンするなど「そこまで自分を売り込みにこないだろう」と思っているので、その心理を逆手にとると最速内定につながるケースもあります。

るてぃ

興味のある企業の場合はきちんと準備して行くことをオススメします!

最速内定のための面談攻略法
  • 会社情報は入念に調べておく

  • 自分の強みをPRできるようにまとめておく

  • 企業の課題を聞く→それに対して仮に自分が入社したら今までの経験をどのように活かして解決出来るかプレゼンする
    ※可能であればプレゼン資料を事前に作り、「せっかくなので聞いてください」持ちかけると◎ 内容次第では一発内定の可能性もあります。
    ※課題が不明確の場合は、カジュアル面談でしっかり聞いて一次面接時に出した方が良いです。

るてぃ

企業が見たいのは今までのスキルを活かして、即戦力となってくれるかどうかです。

ビズリーチがオススメしてくる求人は見当違いのものばかり

 
評価:
希望条件を書いているのに・・・
希望条件を書いているのに、送られてくる求人は見当違いのものが多く嫌になって退会しました。
聞いているんだったらマッチした求人を送ってほしい。

るてぃ

ビズリーチでは一部条件が一致した場合でも「マッチした求人」と言ってメールをくれるので、それが「希望と違うのに」という認識になってしまうかもしれません。

このメールが煩わしい場合は配信停止にしましょう。

メールが多くて鬱陶しい

るてぃ

メールは1日約10通近くきます。多い人だと1日20通以上は届きます

メールの内訳は:

  • ビズリーチおまとめ便:希望条件にマッチした新着スカウトをまとめてお知らせしてくれるメール
  • 新着求人のお知らせ
  • 企業またはヘッドハンターからのプラチナスカウト
  • キャンペーンの案内 など

るてぃ

多すぎるなと感じたら配信停止できます。

配信停止はけっこう細かく設定できますよ!

参照:ビズリーチ公式HP

年収UPには別の会社が良いかも

るてぃ

年収600万以上の人は、リクルートが運営しているキャリアカーバーやLinkedlnを併用して使っているケースが多いです

タレント会員だと使う価値はあまりない

るてぃ

タレント会員だと求人はそこまで変わらないのは事実です。

成功報酬型の人材紹介会社なら、求人を載せるのにお金はかかりません。

なので、よっぽど「候補者が集まりすぎて困る」という会社じゃなければ、多くの紹介会社に求人情報を渡すはずです。

つまり、ビズリーチだけにしか公開していない企業の方が少ないと言えます。

 

なるほど、なんだかビズリーチを使わなくてもいいような気がしてきた。

るてぃ

正直、ビズリーチは上手に活用しないと登録しても無駄です!

実際にビズリーチを使ってタレント会員でも年収UP出来た人に話を聞いてきたので、一例として参考にしてみてください!

タレント会員(年収750万以下)がビズリーチで転職を成功させるには?

40代前半で年収100万UPさせた田中さんの事例

るてぃ

実際にビズリーチを活用して前年度の年収から100万近くUPさせた方に話を聞きました!

田中さん(仮称)40代前半・既婚
大手企業 人材育成マネージャー 年収600万

新卒で入った大手企業で新人教育や役職者の教育を担当。
やりがいはあったが、このままこの会社にいても年収が上がらないことに不安を感じて転職を決意。

在職しながら、空き時間を上手に使い転職活動開始。
主に使った転職サービスは「ビズリーチ」とリクルート運営の「キャリアカーバー
ビズリーチは有料課金はせず、無料会員として活用。

効率的なやり方を追求した結果、初めての転職と年齢のネックをはねのけ、開始から約2か月で大手企業から内定。
年収も100万UPした。

るてぃ

35歳以上の転職は不利になると言われることも多い中で、すごいですね!

 

ズバリ、田中さん。転職が上手く行った秘訣は?

 

田中さん

ありがとうございます。

私の場合は、課金せずにタレント会員でもすぐ内定をもらえたので良かったですね。
ポイントは4つです。

年収UPするためのポイント
  • プレミアムチケットを活用して短期決戦!
  • 毎日ログインして、スカウトをもらえる率を高める
  • とにかく多くのヘッドハンターと会い、相性の良いヘッドハンターを見つける
  • 年収交渉はヘッドハンターに任せる

ポイント1:短期決戦!プレミアムチケットを活用

 

田中さん

プレミアムチケットを活用すれば、

30日間は無料でプレミアム会員と同じ機能を使えるようになります!!

参照:ビズリーチ公式HP

他にも、ビズリーチは時期に応じてプレミアムチケットがもらえるキャンペーンを行うことがあります。

それらを組み合わせると、3か月近く無料でプレミアム会員でビズリーチを使える場合もあります。

 

田中さん

私の場合は、2か月間無料で使えましたよ!

プレミアム会員になると、見れる求人の数もぐっと増えますし、もらったスカウトの求人も全部見れます。

ヘッドハンターの相談も自分から好きなヘッドハンターを選んで相談することもできます。

 

無料会員のままだと、下記の画像のように「プレミアムステージの方のみ表示されます」になってしまい、肝心の内容が全くわかりません。

参照:ビズリーチ マイページ例

 

田中さん

なので、「転職をしよう!」と意思が固まるまでは、無料会員のままで職務経歴書のブラッシュアップと時々スカウトを眺めるくらい。

転職の意思が固まれば、プレミアムチケットを活用してランクアップするのがオススメです。

ポイント2:毎日ログインしてスカウトをもらえる率を高める

 

田中さん

他に、スカウトをもらいやすくする工夫はしていましたね。

 

1つは基本ですが、毎日ログインすること。

企業も転職志望度が高く早く転職が決まりそうな候補者と出会いたいので、ログイン頻度は見られています。

簡単だけど効果的なので忘れずに毎日ログインした方がいいですよ。

 

ポイント3:相性の良いヘッドハンターを見つける

 

田中さん

ビズリーチは自分に合うヘッドハンターに出会うためのツールとして使いました

るてぃ

企業じゃなくて、ヘッドハンターですか?

 

田中さん

実際、スカウトをもらえたのはほとんどヘッドハンターなんですよね。

メールは9割ヘッドハンター、1割企業でした。

実際、企業と直接やりとりをすると、面接での合格ポイントもわからないですし、年収交渉も自分でやらないといけない。

でも、ヘッドハンターを通してやりとりすれば、企業の本音の部分も聞き出してくれるので効率が良いです。

 

田中さん

私は10人以上のヘッドハンターと会いました

途中で交通費を使って毎度会うのは大変だと気付いたので、電話のやりとりに変えましたけどね。

ビズリーチではヘッドハンターのランクを見ることができます。

ただ、必ずしもランクが高いヘッドハンターと相性が合うとは限りませんでした。

るてぃ

対人のサービスなのでどうしても、合う合わないありますよね。

 

田中さん

なので、まずは「会う」または「電話」で話して、信頼できる人2,3人に絞りました。

結果、相性の良いヘッドハンターから求めている求人を紹介してもらい、内定ももらうことが出来ました。

るてぃ

なるほど!

ちなみに、私も転職検討者としてビズリーチに登録しましたが、

20代・年収500万未満でもスカウトは1日3〜4通もらえましたよ!

年収は関係ないかもしれません。

ポイント4:年収交渉はヘッドハンターに任せる

るてぃ

実際、年収交渉ってされたんですか?

 

田中さん

はい。

ただ、直接企業とはやらず、ヘッドハンターにお任せしました。

私は、年収UPが転職条件の最優先事項だったので、希望年収はヘッドハンターとの面談時にしっかり伝えるようにしました。

具体的に「子供の養育費としてこれだけ必要なので」と説明すると、ヘッドハンターも納得して動いてくれたので良かったです。

 

田中さん

あと、年収や月収の内訳や他経費もきちんと見た方がいいですね。

例えば、

  • 賞与は1年目からあるのか
  • 賞与はどのタイミングでもらえるのか
  • 基本給はいくらか
  • 交通費の上限はあるか
  • 出張費は出るのか
  • PCや携帯は支給されるか、など

るてぃ

賞与が基本給の2ヶ月分だったりする場合、
同じ月収50万でも基本給25万+手当25万と基本給47万+手当3万だったらもらえる金額が変わりますもんね。

 

田中さん

そうなんですよ。

不安に感じることがあれば、すぐヘッドハンターに相談できるのが良かったですね。
ただヘッドハンターに頼んだからと言って誰でも年収が上がる訳ではないことは注意してください。

年収UPするためのポイントまとめ
  • ビズリーチで課金する必要はなし
  • プレミアムチケットを活用して短期決戦!
  • 毎日ログインしてスカウトをもらえる率を高める
  • とにかく多くのヘッドハンターと会う
  • 相性の良いヘッドハンターを2~3人見つける
  • 年収交渉はヘッドハンターに任せる

ビズリーチをオススメ出来ない人

なんだか少し希望が持てた!

ちなみにビズリーチをオススメ出来ない人はどんな人?

るてぃ

年収UPした田中さんの話と、私の人事での経験を踏まえて話すと・・・

 

  • 職務経歴書に書ける実績が何もない人
  • そもそも職務経歴書を埋めるのも面倒な人は難しいですね。

よく「ビズリーチ 評判」で検索して出てくる記事の中だと、35歳以上にオススメと書かれていたりしますが、20代でも活用次第で年収UPの転職が出来ます。

実際、私が働いている会社でも20代の優秀な社員をビズリーチを使って3名採用しました。

3名とも年収を上げてオファーしています。

るてぃ

年収を上げたいけど、語れる実績は何もない状態であれば、
今いる会社で実績を上げてから転職活動をした方がいいですよ!!

まずは、一度ビズリーチのシステム上で職務経歴書を書いてみて、ヘッドハンターからの反応を見てみても良いです。

課金せずにどのくらいスカウトが来るか事前に確かめて、

ほぼスカウトが来ないのであれば、あなたの経歴は魅力に感じられていないということです。

るてぃ

直近の実績を作ったり、職務経歴書の見せ方は意識しましょう!

スカウトが来始めて、転職の意思が固まれば、プラチナチケットを消費して本格的に転職活動を開始するのがオススメですね。

まとめ
    ビズリーチをオススメしない人:
  • 年齢に限らず、職務経歴書に書ける実績がない人
  • そもそも職務経歴書を埋めるのが面倒な人

気をつけて!スカウトの落とし穴

実際、職務経歴書をしっかり書いたらどんなスカウトが届くの?

 

注意点とかあれば教えてほしい!

るてぃ

注意点は全部で3つ!

社長名義のスカウトに騙されるな

るてぃ

そうなんです。スカウトは人事が代理で送っているケースもあります。。

私が働いている会社の面接でも、「代表から直々に2回もオファーもらったので来ました」と言われることが多いんですが、ごめんなさい。

確かに、文面は代表がチェックしました。

でも、代表の許可を受けて誰に送ろうか選んで、スカウトメール打ってるのは人事です。

 

スカウトを送る側ともらう側で熱量の差がある場合も

るてぃ

毎日、色んな人にスカウトするので候補者の情報が混じっちゃってるのが事実です。

プランにもよりますが、本来、ビズリーチのプラチナスカウトは1通  約2000円で非常に価値の高いスカウトです。

エン転職は毎日30人に無料で送れますし、リクナビも候補者側からもアクションがあった場合には無料でスカウトできるので、ビズリーチのスカウトの重みと全然違いますよね。

ただ、そんなプラチナスカウトも人事は検索条件にヒットした候補者に一括で送ったりするので、送っている側は「ルーティーン作業の一部」になってしまっていることもあります。

るてぃ

プラチナスカウトをもらって喜びすぎると、痛い目に合うかも。

「オファーをもらった!」とウキウキした気分で面談に行くと、候補者が思うより人事があっさりした対応をするケースもあります。

それは、検索条件に引っかかった候補者に一斉に送って、結果、職務経歴書を見返してみたら「求めていた人材と少し違った」ということかもしれません。

 

カジュアル面談は程の良い誘い文句なだけ

るてぃ

これは悪い口コミにも出ましたね!

面接として呼んでいなくても、自社に合いそうかどうかの判断はもちろんしています。

人事にとって候補者と接触している時間は「攻め」の時間です。

なので、説明会でもお食事会でもカジュアル面談でも常に「見極め」はしています。

本当は面接をしたいけど、面接と書くとどうしてもハードルが高くなってしまうので「面談」に変えてハードルを低くしているだけです。

 

候補者側も判断しているのと同様に、企業側も次に繋がるかそのまま帰すか判断しています。

あくまで私が働いている会社の場合ですが、

  • 面談した候補者が自社に合いそう→盛り上げて「もし選考に進むなら、次回社長と会ってもらうよ。日程どうします?」

  • 面談した候補者が自社に合わない→淡々と喋って「興味あれば、ビズリーチのサイトから応募してね」

という感じで対応を分けていますね。

るてぃ

ただ、この注意点もスカウトメールが届かないことには始まらないですよね!

最後にスカウトをもらうコツをまとめました。

【人事が教える】企業からスカウトをもらうコツ

読みやすい職務経歴書は必須

るてぃ

とりあえずでも項目を全て埋めるのは必須です!

プラスで読みやすさを考慮している職務経歴書はかなり目にとまります!

正直そこまでじっくり職務経歴書を眺める時間がとれない人事が多いと思います。

検索条件で絞ったらスカウト一斉送信送ってしまう、または検索条件で絞った上で目視で確認してスカウト対象者を決めるところが多いのではないでしょうか。

るてぃ

私は職務経歴書1つ、5秒で深く読むか読まないか判断しています。

重要なのは冒頭!!

私が見るのは、年齢・勤務希望地と職務要約です。

ポイントになるのは、職務要約が簡潔にインパクト強く書かれているかどうか。

るてぃ

ほとんどの人が文章形式で書いてあるので、箇条書きで分かりやすく書かれていると目立つし、差別化できます。

<見やすく良い例>

ー職務要約ー

・2016年 BtoB営業 半期売上 全社1位

・2017年 人事に異動  社長直下で人事業務全般に携わる

・2017年 社長賞獲得

・2018年 部下2名のマネジメントを経験

など簡潔に実績が書かれている。 

数字で表せる実績が書いてある。


<見にくくダメな例>
※実際の企業側画面ではこのように表示されます。

一文が長く読みにくい。
数字で表せる実績も書いてなかったので、転職した時の活躍がパッとイメージできないような文章
※個人情報の関係で全文お見せできずすみません。

人事はスカウト対象者をフリーワードで絞る場合あり

るてぃ

実績は数値で書きましょう。社長賞などの表彰ワードも入れておくと目に止まりやすいです。

下記は、企業側ページで実際に候補者を検索する画面です。

優秀な候補者をスカウトしたい時に、黄色枠にフリーワードで「1位、No,1、トップ、社長賞、最優秀賞」などのワードを入れて検索する場合もあります。

るてぃ

候補者側は、企業が検索しそうなワードを職務経歴書に入れておくといいですね!

 

ログイン履歴は見られている

るてぃ

直近ログインした人にスカウトを送りたいのでバッチリ見ます。

スカウトをもらいたかったら毎日ログインした方が良いです。

大事なスカウトを1ヶ月前にログインしたっきりの人には送れません。

スカウトを送る目安は企業にも寄ると思いますが、私が勤めている会社だと原則は1週間以内にログインした人が対象です。

まとめ

 

ビズリーチは使い方を間違いなければ、課金なしでも年収UPの転職に活用できそうってことがわかったよ!

さっそく職務経歴書を入力してみようかな!

るてぃ

スカウト届くのが楽しみですね!
ぜひ、上手にサービスを活用して自分にあった転職先を見つけてくださいね!

この記事を書いたライター

るてぃ

普段はベンチャー企業の人事をやっています!

趣味はホットヨガと日本庭園巡り。

より豊かな人生にはより良い情報が不可欠。

皆さまの役に立てる情報を発信していきます!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ