オススメ6選|失敗しないデリケートゾーン石鹸の選び方と臭いケア

記事更新日: 2020/02/07

ライター: るてぃ

るてぃ

親しい友達にも相談しにくい「ニオイ」の悩み。

特にデリケートゾーン のニオイについては、7割近くの女性が「におっていないか気になる」と答えたアンケート結果も出ています。

最近はデリケートゾーン 専用ソープも増えてきていますが、

聞いたことあるけど、実はまだ使っていない。

こんな方も多いのではないでしょうか?

デリケートゾーン専用石鹸にも、自分で泡立てるタイプや、1プッシュで泡で出てくるタイプ、スクラブ入りやオイルタイプなど色々な種類があります。

どれがいいのかよく分からない。

というあなたへ。

るてぃ

今まで「石鹸」「泡」「オイル」と数々のデリケートゾーン 専用ソープを試したことがある私が、今回徹底的に調べました!


自分の健康のためにも、積極的に恋愛を楽しむためにも。

デリケートゾーン 専用ソープは必須!!!!

価格はもちろん、購入・使用した際の手軽さや特典なども比較してまとめたので、ご参考になれば幸いです。

るてぃ

すぐにランキングをチェックしたい方はこちらをクリックしてね!

るてぃ

黒ずみケアランキングはこちらにまとめています!

そもそもニオイの原因は・・・

るてぃ

ニオイの元となる三大原因を紹介します!

デリケートゾーン は構造が複雑で汚れがたまりやすいだけではなく、

ムレやすい環境のため雑菌が繁殖してニオイが強くなりがちな場所でもあります。

るてぃ

だからこそ、しっかり原因を把握してニオイ対策をする必要があるんです!

原因1. 「汗」「雑菌」と「ムレ」

デリケートゾーン は汗と雑菌の温床です。

さらにショーツの中は熱や汗がこもりやすくムレやすい環境なのでさらにニオイがきつくなります。

特に生理中はナプキンの影響もあってムレやすいです。


参照:イビサソープ公式HP

またOLだと仕事場でストッキングは必須なので、夏場は特に大変!

汗をかきやすい人は臭いやすい傾向にあるので注意してください。

アンダーヘアを減らしたり整えると少しはムレにくくなるのでオススメです。

対策
  • ナプキンはなるべくこまめに変える
  • おりものシートを活用する
  • 通気性のよい服を着る
  • VIO脱毛をする

 

原因2. ストレスや疲れによるコンディションの低下

女性の身体は繊細なので、寝不足やストレスによってホルモンバランスが崩れると、体調が良い時には表れない不調が顕著に表れることも。

免疫力が低下すると膣内環境も悪化しがちであり、ニオイもきつくなりやすくなってしまいます。

対策
  • なるべく規則正しい生活をする
  • ストレスを溜め込まない

 

原因3. 間違った洗浄方法

必要以上にゴシゴシ洗ったり、洗浄便座に頼りすぎると逆にニオイが強くなることも。

洗いすぎは良い菌まで殺してしまいます。

また詳しくは次の章で書きますが、ボディーソープでデリケートゾーンを洗うのは原則NGです。

対策
  • 必要以上に洗いすぎない
  • デリケートゾーン 専用のソープを使う

 

その洗い方間違ってない?

るてぃ

ボディーソープでゴシゴシ洗ってもニオイは落ちません!!

誤解されがちなのが、「よく洗えばニオイは落ちる」という迷信。

ボディーソープで洗えばスッキリする?

ちょっと待って!それ間違いです!


日本ではデリケートゾーン のケアはタブーの領域に入りがちですが、世界的にみたらデリケートゾーン ケアはエチケットであり「常識」です。

敏感で皮膚の薄いデリケートゾーン を洗浄力の強いボディーソープで洗うのはNG!!


デリケートゾーン はpH値が4.0~5.0と言われています。

肌の平均値はpH5.0〜7.0なので平均よりも値が小さく、酸性寄りです。


参照:ピーチジョン公式HP

一般的にアルカリ性に傾くほど肌への刺激も強くなるため、

デリケートゾーン をアルカリ性寄りのボディーソープで洗うとヒリヒリしたり、しみたりしやすいのはこのためです。

るてぃ

だから、弱酸性のデリケートゾーン 専用ソープを使った方がいいんです!

また、汚れを落としたいからとタオルやスポンジで洗うのもやめた方が良いです。

皮膚の薄い場所をタオルやスポンジで刺激し摩擦が起きると、かゆみや痛みの原因になります。

擦れて黒ずみにもなりやすくなるので、絶対にやめましょう。

タイプ別でデリケートゾーン 専用ソープを比較してみた!

4つのタイプで比較!

るてぃ

実はデリケートゾーン 用のソープって色々種類があるんです!

大きくは4つ!!!

  • 石鹸タイプ
  • ジェルタイプ
  • オイルタイプ
  • 泡タイプ

るてぃ

それぞれに特徴があります。

表でまとめてみましたよ!

手軽で一番楽なのは泡タイプ。泡立てたり、待ち時間があったりで面倒なのは石鹸タイプ。

価格が安い物が多いのは石鹸やジェルタイプ。
少し高めなのはオイルや泡タイプ。

るてぃ

1つ1つもう少し詳しく見ていきましょう!

石鹸は値段は安いけど、とにかく泡立てるのが面倒。

「泡立てネット使えばすぐじゃん!」って思うかもしれないけど、それさえ「出来るならやりたくない」のがめんどくさがりの心の声。

るてぃ

しかも3分置くとか・・・ムリ!!

実際やってみましたが、3分置いて別のこと(シャンプーとか身体洗ったりとか)をしている間に石鹸が流れてしまいます。

かと言って、3分何もしないで泡パックしながらじっと待っているとか出来ない。

あと、石鹸タイプは雑な保管方法だと、いつの間にか溶けて小さくなってしまうことも(これは私だけですかね笑)

勿体無いので、大雑把な人やなるべく楽な人にはオススメしません。

 

ジェルタイプは石鹸のように泡立てて使うタイプとピーリングタイプで優しくマッサージしてポロポロ古い角質を落とすタイプとあります。

「洗った感」が欲しいなら泡立てて使うタイプがオススメです。

ジェルタイプのものは香りを何種類かから選べたり、他のものよりも強めな爽快感を得られたり、価格が安かったりバリエーション豊富なのが嬉しい点。

自分だけの好みの商品を選びやすいです。

 

石鹸よりも値段は上がるけど、泡立てる手間が省けるのが泡タイプ。

ポンプを押せばすぐきめ細かい泡が出てくるのが嬉しい。

泡パックで待たずに、すぐに流しても効果が出やすいのもこの泡タイプの特徴!

ゆっくりお風呂に入っていられない!という忙しいママさん達にもオススメです。

オイルタイプはこすらず汚れやニオイを浮かして落とす方法なので、肌に優しい!

普通の石鹸だと乾燥してかゆくなってしまう方でも、オイルの保湿力があればしっとり潤いを保つことができるかも。

泡立ち感がないので、洗っている感覚はあまりないです。

しっかり洗った感が欲しい方はオススメしません。

 

オススメを決めるとしたら・・・?

もし「石鹸」「ジェル」「オイル」「泡」タイプに分けてオススメの人を決めるとしたら・・・

▼石鹸タイプが向いている人
とにかく価格重視の人

▼ジェルタイプが向いている人
香りや洗い心地にもこだわりたい人

▼オイルタイプが向いている人
潤いを重視している人

▼泡タイプが向いている人
とにかく楽に時短で洗いたい人

るてぃ

自分にあったソープを選んでくださいね!

デリケートゾーン 石鹸 オススメの6選

るてぃ

ランキング形式にしましたが、オススメのタイプが分かっている方はタイプに合わせて確認してくださいね!

今回は、

  • 購入の手軽さ
  • 価格
  • 使う際の手軽さ
  • 他オプション(詰め替えの有無や返金保証の有無)

の4軸を考慮してランキングをつけました。

1位:コラージュフルフル泡石鹸【泡タイプ】

商品名: コラージュフルフル泡石鹸
価格:   1,900円〜(税抜)/本
容量:   300ml
市販購入:可能
詰め替え: あり


薬局でも買える市販のお手軽「泡」ソープ!


オンライン販売が多いデリケートゾーン 専用ソープの中で薬局で買える手軽さが嬉しい「コラージュフルフル泡石鹸」

詰め替えタイプは1200円程度で購入できるのでコスパも良いです。


抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」配合 の薬用液体石鹸で、汚れやニオイはもちろん肌で増殖するカビまで洗浄します。

日本製、泡タイプなのでこする必要もなく優しく洗えるのがポイント!


ボトルは「ピンク」と「青」がありますが、デリケートゾーン専用は「ピンク」タイプなので注意してください。

薬局で購入可能ですが、WEBからの注文が最安かつ今だけお泊まりセットのサンプルもついてくるのでオススメです。

 

2位:フェミニンウォッシュ【ジェルタイプ】

商品名: サマーズイブ フェミニンウォッシュ
価格:   800円〜(税抜)/本
容量:   237ml
市販購入:可能
詰め替え: なし


米国NO,1のデリケートゾーン ケア専用ブランド


1972年に最初の製品を販売して以来、世界30か国以上で販売されているなど、10代からシニアまで幅広い女性に愛されている商品です。

透明なジェル状のソープを泡立てて気になる箇所に塗布し、洗い流します。

3分置くなどの面倒な待ち時間がないのも嬉しい!一本で約80回使えるコスパの良さも魅力です。

「ノーマル(紫)」「センシティブ(ピンク)」と2つのタイプがあり、肌の状態に合わせて選ぶことができます。

3位:イビサソープ 【泡タイプ】

商品名: イビサソープ
価格:   3,970円〜(税抜)/本
容量:   140ml
市販購入:不可
詰め替え: なし


ブラジリアンワックスの専門店が独自開発!


イビサソープはポンプ式、1プッシュで滑らかな泡が出てきて、面倒な待ち時間もないのが嬉しい点!

デザインもスタイリッシュですし、ボトルには「デリケートゾーン 用」という文字が一切ないので、気兼ねなくお風呂場にも置いておけます。

また、イビサソープの良さは28日間の返金保証があること!!

これなら肌の弱い人でも遠慮なく試すことができますね!


黒ずみに悩んでいる方は系列商品で黒ずみケアの「薬用イビサクリーム 」が売っているのでそちらもチェックしてみると良いですよ♪

るてぃ

イビサソープ、イビサクリーム どちらも使ったことがあるので体験レポを載せます!

4位:イロハ インティメートウォッシュ【ジェルタイプ】

商品名: イロハ インティメートウォッシュ
価格:   1,800円〜(税抜)/本
容量:   135ml
市販購入:可能
詰め替え: なし


新感覚!スクラブ剤入りの専用ソープ


女性用セルフプレジャーアイテムで有名になったiroha(イロハ )が創業120年以上の石けん専業メーカー「玉の肌石鹸株式会社」と共同開発した、デリケートゾーン専用ソープ。

食物繊維から作られた植物性グルコマンナン(スクラブ剤)を配合。

肌触りの優しいつぶつぶが汚れを絡め取り、肌を傷めずに洗いあげます。


洗いあがりによってタイプを選べるのも特徴です。

  • Moist:潤いたっぷりの保湿成分配合でしっとりとした洗いあがり<フレッシュジャスミンの香り>
  • Fresh:メントール配合でさっぱりとした洗いあがり<ジュニパーとライムの香り>

るてぃ

グラビアアイドルの紗倉まなさんもオススメしてた!

5位:ピーチジョン デリケートウォッシュ【オイルタイプ】

商品名: ピーチジョン デリケートウォッシュ
価格:   3,150円〜(税抜)/本
容量:   100ml
市販購入:可能
詰め替え: なし


汚れを浮かして落とすオイルタイプの洗浄剤!


大手下着メーカーのピーチジョンが販売しているデリケートゾーン 専用ソープ。

有名ブランドでデリケートゾーン ケア商品を出している会社は少ないので、それだけで安心できますね!

ピーチジョンはオイルタイプのこのソープだけではなく、美白保湿クリームやデオドラントスプレー、拭き取りタイプのワイプシートなど様々なバリエーションの女性のお悩み解消商品を出しています。

店舗でももちろん買えますが、webからの注文だと毎回10%オフ、初回はデリケートワイプシートが2つ特典としてついてくるのでお得感がありますよ!

るてぃ

オイルタイプも使ったことがあるので参考になれば嬉しいです!

6位:ジャムウ ハーバルソープ【石鹸タイプ】

商品名: ジャムウ ハーバルソープ[LCラブコスメ]
価格:   1,932円〜(税抜)/個
容量:   68g
市販購入:不可
詰め替え: なし


1つ1つ手作りにこだわったジャムウソープ


2003年の創業からインドネシアの専門工場で手作りにこだわって製造している自然派固形石鹸。

固形石鹸にこだわっているのには理由があり、あくまで「植物素材」にこだわり、化学添加物の配合なしにユーザーにお届けしたいから。

安全性はお墨付きだと思いますが、「泡立てるのが面倒」「3分泡パックで待たなければいけないのが面倒」と思う方にはオススメしない商品です。

販売元であるLCラブコスメは幅広く女性のお悩み商品を扱っているので、一度サイトをチェックしてみることをオススメします。

最後に・・・

 

るてぃ

デリケートゾーン のケアは何もやらなければ、ずっと悶々と悩むまま!

  • 自分も相手も不快な思いをさせないためにも
  • もっと積極的に恋愛を楽しむためにも
  • 年齢を重ねても健康的な身体でいるためにも

デリケートゾーン専用のソープを使ってケアするのは必須!!

 

るてぃ

もっと健康で自信の持てている自分に出会いにいきましょう♡

この記事を書いたライター

るてぃ

普段はベンチャー企業の人事をやっています!

趣味はホットヨガと日本庭園巡り。

より豊かな人生にはより良い情報が不可欠。

皆さまの役に立てる情報を発信していきます!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ