未経験のWebライターが月3万円を稼ぐのに勉強すべき3つのこと

記事更新日: 2021/11/30

ライター: わたじろー

▼記事の結論

・学ぶべきはWebライティング基本のルール、SEOの最低限の知識、文章の型の3つ

・これら3つは月3万を手軽に狙うための文字単価1円を目指す上で最低限必要なスキル

この記事を書いた人
元県庁Webライター わたじろー

県庁職員を約10年経験し、300人以上の同期中最速で県知事個人表彰を受賞後、未経験からWebライターとして独立。
副業禁止によりまったくのゼロスタートながら、独立1ヶ月目で月10万円・継続案件5件受注。
テストライティングは2社に応募して両方合格し継続案件へ。独立2ヶ月目で月15万超え。
文字単価1.0円未満の案件は、受注したことがない。
合格率5%以下の「Webライター検定1級」、「SEO検定1級」などの資格を保有。

 

Webライターがまず最初に学ぶべきことって何ですか?

わたじろー

Webライティングの基本ルール、簡単なSEO知識、文章の型の3つです!

Webライターになって月3万円を目指すためには、文字単価1円の案件を目指すのが早道です。

そのために最初に学んでほしい内容を、この記事ではお伝えします。

Webライターになったけど何から勉強すればいいのかわからない。そんな人はぜひ参考にしてみてください。

 

よく言われるのが、Webライティングの最も効率のいい勉強法は、実際の案件を受けること。

それはそれで真実ですが、ある程度のインプットをしている人の方が確実にWebライティングの伸びしろは大きくなります。

 

また、最初から1円以上の実案件に挑戦しながら学びたいと考えるなら、最低限の事前勉強は必須です。

今回の記事で、最低限勉強すべき内容を学んでいってください。

①Webライティングの基本ルールを学ぶ

Webライティングには、一般の文章とは違う独自のルールがあります。

Webライティングで押さえておくべき基本のルールは、以下の4つです。

・結論ファースト

・文章はできるだけシンプルに

・一文の長さは60字以内|一見出しの長さは500字以内

・同じ語尾を3回続けない

 

Webライティングでは結論を最初にもってきて、文章はできるだけシンプルにしなければなりません。

ユーザーはいち早く答えを知りたいと考えているので、わかりにくい文章は読みたくないからです。

 

また、読点(「。」)までの一文の長さや一見出しの長さは、あまり長くしすぎてはいけません。

自分の知りたい情報がどこにあるのかユーザーがひと目見て判断することができず、離脱する原因につながるからです。

 

さらに、同じ語尾は3回続けないようにしましょう。

「〜ます」「〜です」といった同じ語尾が3回続くと、単調な文章になり、ユーザーが読んでいて気持ちのいい文章ではなくなるからです。

 

Webライティングで必ず押さえておきたい基本ルールは、以下の記事で詳しく解説しているので参照してみてください。

 

②SEOの最低限の知識を知る(理解までは不要)

SEOとは、グーグル検索をした際に表示される検索結果において、自分の記事を検索上位に表示するための手法。

そして、SEOの最低限の知識とは、記事の内容を書くときに「ユーザーを第一に考えた内容にする」ことです。

 

自分の書きたい情報を書くのではなく、ユーザーの知りたい情報を書く。

難しい表現や複雑な構成にするのではなく、ユーザーがパッと見て理解できる平易な文章やわかりやすい構造にする。

そういった点を意識しておけば、最初の段階では十分です。

 

ちなみに記事を書くにあたってSEOのスキルが必要になる場面は、次の3つです。

・記事の構成を決める

・記事のタイトルや見出しを決める

・記事の内容執筆

 

文字単価1円以下の案件では、記事の構成やタイトル・見出しは、依頼者がすでに作成しているかまたは提供されたマニュアルに沿って書くだけの場合がほとんどです。

とくに事前に知識を習得していなくても、最初のうちは問題ありません。

そのため、SEOの知識が実際に必要になるのは執筆段階がほとんど。

 

すでに用意された構成や見出しに沿って、「ユーザーを第一に考えた内容にする」という最低限のSEOの知識があれば足ります。

SEOの理解には時間がかかるので、最低限の知識を押さえておくだけでも、初心者ライターの中で大きな差別化になるでしょう。

 

③PREP法などの文章の型を把握する

文章の型を学ぶと、圧倒的に早く論理的な内容が書けたり、ユーザーの心に刺さる文章が安定的に書けるようになります。

今回は、Webライティングをする上で、まず覚えるべき文章の型であるPREP法について紹介します。

PREP法は、マスターすれば圧倒的に早く論理的な内容が書けるようになる文章の型です。

 

PREP法は、以下4つの英語の頭文字をとって名付けられました。

・Point(結論)

・Reason(理由)

・Example(具体例)

・Point(結論)

 

たとえば、「公務員試験のオススメの勉強法」という見出しに対して、PREP法で書くと次のような流れになります。

・Point(結論):公務員試験では、過去問の勉強が重要です。

・Reason(理由):公務員試験では過去問の内容を押さえていれば正解できる出題が多いから。

・Example(具体例):実際、去年の東京都特別区の試験では、過去問の内容を押さえておくだけで8割の得点がとれました。

・Point(結論):公務員試験は過去問から勉強しましょう。

 

PREP法の注意点としては、以下の2つです。

・理由や具体例は省略してもいい場合がある

・二回目の結論(P)が初心者には難しい

 

理由や具体例は状況に応じて不要な場合があるので、常に必要なものではありません。

また、二回目の結論において、最初のPと同じ内容を単純に繰り返すと、冗長表現であるとして嫌う人がいます。

 

真面目な人ほど、最初の結論を同じように繰り返さなければと感じる人が多いようですので、注意してください。

 

1回目の結論(P)は見出しに対しての答えだとすれば、2回目の結論(P)は見出しの締めの言葉だとイメージしておくとよいでしょう。

 

なお、PREP法は型に縛られすぎてしまうのはNGです。

基本的にPREP法で書いていく分には問題ありませんが、ときには文章の型から外れる必要があるというのは覚えておいてください。

 

手軽に月3万を狙える文字単価1円を目指すなら勉強が必要

実力でWebライターとして文字単価1円以上を狙うなら、最低限の勉強は必要になります。

依頼者の意向に沿った記事の作成には、最低限のWebライティングスキルが必須だからです。

 

また、これからWebライティングで稼いでいこうと思うなら、勉強してきた下地がある人のほうが圧倒的に成長のスピードが早い傾向にあります。

今回紹介したものは、「理解」までを必須で求められるものではなく、基本的には知っているか知らないかですぐに役立つ「知識」です。

表面的に知識を学ぶだけで成果につながるものなので、本気でやれば1日で習得できる内容になっています。

 

もちろん最終的には理解の段階まで進めればベストですが、まず優先すべきは知識の習得が必要です。

今回の記事でWebライティングに必要な最低限の知識を習得して、Webライターとして良いスタートを切りましょう。

この記事に関連するラベル

ページトップへ