【最新版】腸内環境サプリメントおすすめランキング【解説付き】

記事更新日: 2019/01/18

ライター: ヨッシー

フローラちゃん

初めまして!わたし、フローラ!突然なんですけど、

 

腸内環境を整えると性格までよくなる

 

って知ってました?

ヨッシー

本当に突然でびっくりしたよ!

 

読者さんが色々とおいてけぼりだよ!

腸内環境を整えたいみなさん、こんにちは。

最近、腸内環境の重要性をひしひしを感じ始めているヨッシーです。

 

いきなりフローラちゃんが見切り発車してしまい申し訳ありませんでした。

この記事を書くに至った経緯をご理解からきちんとご説明させてください。

僕が腸内環境に興味を持ったのは、他でもなく僕自身の問題でした。

ヨッシー

どうもお腹の調子が良くない…

 

20代までは快便に続く快便だったのに、30代に突入して急に変化が汗

30歳に突入してすぐにそんなことを感じた僕は、便通改善に関して色々調べてみようと思いました。

そして「腸内環境正常化」というキーワードにたどり着いたんです。

このページにたどり着いてくださったあなたも、おそらくですが「お腹の調子が良くない」とかもしくは「肌荒れが気になって」という悩みを持っているのではないでしょうか。

フローラちゃん

腸内環境を整えると

 

  • 美肌になる
  • 太りにくい体質になる
  • 病気になりにくい体になる

などのメリットがあるんですよ

ヨッシー

中でも「性格が穏やかになり、イライラしなくなる」という事実を知った時は、さすがに驚いたよ

 

結果、腸内環境をよくするためのサプリメントをとり始めたわけなんですけど、、、

ハッキリ言って全っっ然違う!!

やっぱり若さでカバーできない時には、サプリメントも必要なんだなと思っている今日この頃なわけです。

 

そこでこの記事では

  • 腸内環境を整えたほうがいい人はどんな人?
  • 腸内環境を整えると、嬉しい効果がこんなにたくさんあるのはなぜ?
  • どうすれば腸内環境が整うの?
  • サプリメントを摂るとしたらどこがオススメ?

などなど、腸内環境についての疑問を、腸内環境の妖精、フローラちゃんと一緒にお答えしていきたいと思います。

フローラちゃん

今日からあなたも腸内美人!

このページの目次

腸内環境に興味を持った人に共通する2つの大問題

腸内環境について興味を持った人が共通して抱えているのが、便秘と肌荒れの2つの悩みです。

まずは、その悩みについての理解を深めるところから始めましょう。

その便秘、放っておくと危険です

便は「からだからのお便り」と言われるほど、その状態で体の健康度合いが測ることができます。

フローラちゃん

コロコロとしたウサギのような便しか出なかったり、水っぽいものが続いたりすれば、腸がうまく働いていない証拠だよ

20歳から40歳の女性を対象にした大正製薬の調査によれば、女性の53.3%のもの人が 「便秘(便が出ない状態)が続く日数」が「4~7日以内」であると回答しています。

便秘の悪影響は「吹き出物などの肌荒れ」や「イライラ感」・「お腹の張り」・「肩こり」などの症状から、発ガンのリスクが高まったり、動脈硬化や糖尿病などの治療が難しい病気に発展してたりするものまで様々です。

いずれにせよ、放っておいて良いことは一個もありません。

肌荒れは精神衛生上もよくありません

腸が荒れると、肌も荒れます。逆に肌が荒れているということは腸が荒れているということでもあります。

腸が荒れることで、血行不良や免疫力の低下など引き起こします。それが肌の細胞にまで影響して肌荒れが起こります。

加えて口内炎なども腸が荒れることでおこると言われています。

フローラちゃん

肌荒れするとメイク乗りが悪くなるし、自分に自信が持てなくるしでヘコむよね。

 

口内炎は美味しいものが美味しく食べられないからもっとストレス!

このように腸内環境が整っていないと日常生活にも支障をきたし、精神衛生上もよくありません。

決して精神論ではなく科学的に考えて、毎日ハッピーに生きるためにも腸内環境の正常化は欠かせないのです。

腸の中ってどうなってるの?腸内細菌の役割って?

ビフィズス菌や乳酸菌などの腸内細菌がどうやら健康にいいらしいということを知っている人は多いと思います。

しかし、それらが実際に何をしてくれているのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

ヨッシー

実は、具体的な解決法を知る前に、「腸内環境」という言葉を正しく理解することが大事なんです

腸の働きを知らずして「腸内環境が正常に保たれている」と判断することはできませんし、腸の働きがわかればどんなサプリメントを飲むのがいいのかもよくわかります。

また「なぜこのサプリメントが腸にいいのか?」を理解して飲むことは、プラシーボ効果をもたらすので、より体感の出やすい摂取の仕方が可能になります。

とはいえ、「細かいことはいいから、オススメのサプリメントを先に教えて欲しい」という人はここをタップしてもらえれば、すぐにそこまで飛ぶことができますよ。

腸内細菌って何をしているの?

腸内細菌の数は、一人につき100兆〜1000兆個とも言われ、その種類は300種類以上にもなります。重さで言えば1kg、脳と同じぐらいの重さがあります。

人間の細胞が全部で60兆個だと言われているので、それよりも明らかに多くの細菌が、90%以上腸内に生息していると言われています。

これらの細菌は、腸の中でお花畑のようなものを作っているので、その様子を「腸内フローラ」と呼んだりします。

フローラちゃん

だから、この子は「フローラ」って名前なのか、安易だな

 

って思った人はあとで体育館裏に集合よ…

この中で腸内細菌たちは、人間が運んでくる栄養素などを餌にしながら、外から入って来たウイルスなどを撃退するための仕組みを整えたり、食べ物の消化吸収を助けたりしてくれています。

これを専門用語で「共生」といい、人間と細菌はGIVE&TAKEの持ちつ持たれつの関係を築いています。

ヨッシー

なんかもう、健康に関しては全部まかなってますよ、レベルです

 

腸内フローラ、おそるべしです

 

善玉菌・悪玉菌・日和見菌の違い

腸内にいる細菌は大きく分けて「善玉菌・悪玉菌・日和見菌」の3種類がいます。

善玉菌は読んでの字のごとく、身体にとっていい効果をもたらしてくれる菌で、ビフィズス菌や乳酸菌などが有名ですね。

一方の悪玉菌は、いわゆる悪さをする菌で、大腸菌やウェルシュ菌などが有名です。

ただ実は悪玉菌が暴れて悪さをするときは、善玉菌が少なくなって悪玉菌の数が優勢になったときだけだと考えられています。

また悪玉菌は、善玉菌が追い出せない病原菌を処理してくれていたり、悪玉菌の出した代謝物が善玉菌のエサになっていたりと、実は敵対しているわけではなく「仲良くやってる」とする見方も増えて来ています。

問題なのはどちらかというと「日和見菌」で、腸内フローラの過半数を占めているこの日和見菌は、日和見というぐらいなので、どっちつかずなやつなんです。

つまり、善玉菌優勢の時は大人しくしているのに、悪玉菌優勢の時は悪玉菌に加勢しようとするんですね。

フローラちゃん

善玉菌が多くないと、日和見菌は悪玉菌に味方してしまうんだ。

 

そうなるとあっという間に悪玉菌優勢の腸内になってしまう。

 

だからこそビフィズス菌や乳酸菌を摂ることが重要視されているんだよ

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7ぐらいがちょうどいいバランスだろうとされています。

腸は第二の脳とも言われている重要な器官

実は、腸と脳は神経でつながっており、腸の調子が悪くなると脳の調子まで悪くなり、腸の調子が良くなると脳の調子までよくなると言われています。

これを「腸脳相関」といい、各分野での研究が進められています。それぐらい腸は脳と関係が深く、第二の脳だと言われることもあります。

最近では、ビフィズス菌がアルツハイマー型の認知症を予防する可能性があるという研究を発表したほどです。

これは腸内フローラが、脳に「生きがい」や「安らぎ」を感じさせるセロトニンや、「やる気」などを生み出すドーパミンを合成する元のビタミンを生成することと関係があります。

医師の田中保朗さんはその著書の中で

私は、単にセロトニン、ドーパミンを増やすだけでなく、腸内フローラが善玉菌優位の、元気な腸内環境を作ることが「心」の健康につながる、と見ています。腹診で患者さんたちのお腹を触ってきた実感としてよくわかるのですが、「うつ」「パニック障害」などの症状が出ている方々のお腹は、冷えていたり、かたくなっていたり、必ずなんらかの変調があります。

―田中保朗(2015年)『腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ』ぶんか社 より

と書かれているほどです。

免疫細胞の70%は腸内で作られている

また、僕たちが体調を崩さないように体の中のパトロールをしている免疫細胞もその70%が腸の中で作られています。

詳しい仕組みはまだ科学的に解明できていないそうですが、花粉症などの自己免疫疾患や、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎も、この腸の免疫のシステムと関係があることが知られています。

僕もファスティングという腸の仕組みを整えるプログラムを教えていたことがありますが、それによってアトピー性皮膚炎の症状が緩和したと感じた人もいたほどです。(実際にファスティングとアトピー性皮膚炎の関連性は海外の論文などで度々話題になっています)

腸内細菌を整えるとどんな効果があるの?

以上のことがわかると、腸内環境を整えることがどんな効果をもたらすのかイメージがわきやすいのではないでしょうか。

美肌効果がある

肌の状態の良さには色々な要素が関係していますが、腸内環境と関係が深い要素は血行と免疫でしょう。

特に血行の良さは、栄養素を直接肌に届けることに繋がりますので、元気な肌細胞を作り、正常な新陳代謝を促してくれます。

また肌組織の中にも免疫が存在、有害物質の排除や紫外線のダメージを沈静化する役割を担っているのです。

 

ダイエットに繋がるのは本当か?

女性誌やテレビなどで「デブ菌」「ヤセ菌」などと特集が組まれているのを見たことがあるでしょうか。

デブ菌(ファーミキューティス系の細菌)は人が分解できない食物繊維などからエネルギーを搾り取り、蓄えてしまう性質を持っているため、デブ菌が多くなると太りやすくなってしまうそうです。

一方のヤセ菌(バクテロイデス)は、短鎖脂肪酸というものを作ります。

これを血流に乗って全身の脂肪細胞に届け、脂肪の取り込みをストップさせたり、筋肉に働きかて脂肪を燃焼させたりします。

フローラちゃん

この「短鎖脂肪酸」はいろんな腸内環境サプリメントにも入っている、要チェックの成分だよ!

じゃぁ「ヤセ菌」をいっぱいとればいいのね!となるのは間違い。

実際はヤセ菌:デブ菌の割合が6:4ぐらいの割合で存在しているといいそうです。

番組では、実際にタイムマシーン3号の山本さん、関さんらが「デブ菌」を検査。大便検査のほか生活習慣などの問診をおこない、山本さんは「デブ菌」38.9%で「ヤセ菌」59.7%と、ほぼ理想的な割合でした。一方肥満気味の関さんは「デブ菌」66.9%、「ヤセ菌」30.3%で、「デブ菌」7:「ヤセ菌」3という結果で、「デブ菌」が多めでした。

HUFFPOST内に「デブ菌」を持っている人は太りやすい! デブ菌を減らす食べ物は』より

免疫力の向上(糖尿病予防・ガン予防にも繋がる)

先ほども説明したように、人間の免疫細胞のうち多くが腸内に生息しています。

中でも糖尿病との関連性で研究が盛んに行われているそうです。

善玉菌の中のアッカーマンシア菌という菌が、血糖値を正常レベルにコントロールし、脂肪の増加を抑制するとする研究もあります。

糖尿病は血糖値の激しい上下によって、血糖値を下げるためのインシュリンが機能しなくなる病気ですから、血糖値が正常値にコントロールされるのであれば、予防効果も考えられるだろうということですね。

さらにビフィズス菌などには、がん細胞を攻撃してやっつけてくれる免疫細胞(マクロファージやナチュラルキラー細胞など)を活性化する働きがあります。

ヨッシー

特にナチュラルキラー細胞は名前からも想像できるように、体内に入ってきた外敵からするとキラー(殺す人)にみえる絶対出会いたくない細胞なんですよ

ナチュラルキラー細胞はがん細胞を攻撃し、無効化してくれるとっても心強い免疫細胞なのです。

うつや自閉症にも効果が期待されている

驚くべきことに、腸内環境を整えるとうつが緩和され、自閉症や発達障害が緩和されるかもしれないとする報告もあるのです。

うつや自閉症と腸内環境は一見関係がなさそうですが、腸内細菌がセロトニンを作り出すための役割の一旦を担っていると考えればそれほど不思議なことではありません。

うつ病患者における腸内細菌に関するエビデンスはいまだに乏しいが,筆者らはうつ病患者においてLactobacillusやBifidobacteriumが減少している者が多いことを示唆する所見を得た

ー『うつ病・自閉症と腸内細菌叢 妙録』より

これまでの研究により、自閉症児と健常児では、微生物叢と呼ばれる腸内に生息する膨大な数の微生物に著しい違いがあることがわかっている。(中略)

現在、自閉症に対しては主に行動療法による治療が行われている。しかし、今後はプロバイオティクス(ヨーグルトなどに含まれる、生きた“体に良い”微生物)による治療に取って代わる可能性が出てきた。

ーナショナルジオグラフィック『自閉症、腸と脳のつながり明らかに』より

改善するためにはどんな栄養素が必要?

では実際に腸内環境を整えるためには、一体どんなことをしたら良いのでしょうか?

この記事ではサプリメントして摂るべき栄養素についてご紹介しますが、日々のライフスタイルを整えること、健康的な食事をすること、十分な睡眠をとることはいうまでもありません。

サプリメントはあくまで補助的に摂取するものであり、サプリメントさえとっていれば大丈夫ということはありません。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

腸内環境を整えるためには、プロバイオティクスとプレバイオティクスを取り入れる必要があります。

プロバイオティクスとは「プロ(pro:共に)」「バイオティクス(生物質)」が語源となっていて、人間と共生する善玉菌のことを指します。(ちなみに対義語が、アンチバイオティクス=抗生物質です)

一方のプレバイオティクスとは、それらの善玉菌のエサになり、増殖・活性化させるものを指します。食物繊維やオリゴ糖などが有名ですね。

フローラちゃん

プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を合わせて、シンバイオティクスって呼ぶんだ。

 

腸内環境を整えるにはどちらも欠かせない要素だよ!

善玉菌の種類

繰り返しになりますが、善玉菌は人体に良い影響をもたらしてくれる腸内細菌のことを指します。

その種類は多種多様で、乳酸菌だけで何百種類もいるといいます。

ビフィズス菌・カゼリ菌・Lカゼイシロタ株・ラクトバチルス菌などですね。ヤクルトやカルピス・ヨーグルトのCMなどでもよく見かけるアレです。

ただ、善玉菌が入っているからといってなんでもかんでもとればいいということではありません。

「生きて腸まで届く乳酸菌」という言葉があるように、「生きて腸まで届かない乳酸菌」もいるのです。

途中の胃酸でやられてしまうんですね。だから「生きて腸まで届く」ことが重要になります。

ヨッシー

中でも「有胞子性乳酸菌」は胞子に包まれて腸に届くことで知られています。

 

この成分を見つけたら要チェックです。

食物繊維の整腸作用は本当にすごい

食物繊維は大きく果物に含まれるペクチンなどの水溶性食物繊維と、野菜に含まれるセルロースなどの不溶性食物繊維に分かれます。

水溶性食物繊維は水に溶けて粘り気をだし、腸内の有害物質を絡め取ってくれます。加えて、腸内にねば〜っと止まることで、悪玉コレステロールの吸収を抑え、血糖値を正常に保つ働きもあります。

不溶性食物繊維は水分を含むと膨れ上がり、腸のぜん動運動を盛んにして便の排泄を促進してくれます。

どちらも腸内細菌によって発酵され、体にとって有益な短鎖脂肪酸(ダイエットの項目で出てきましたね)を生成します。

ヨッシー

いまいちイメージがわかないよ、という人は小学生の時の掃除の時間を思い出してください

 

イメージは不溶性食物繊維が男子。水溶性食物繊維が女子です。

男子がモップがけをがーーーっとかけて全体を一気に綺麗にして、女子が窓の冊子や床と床の溝のゴミとしつこく取り除く、そんな役割分担がされているとイメージすると理解しやすいのではないでしょうか。

フローラちゃん

サプリメントは、不溶性の食物繊維が入っていないことも多いんだ。

 

サプリメントを選ぶときは、食物繊維のあるなしもチェックしてみてね!

オリゴ糖はビフィズス菌のエサになる

腸内細菌にとって重要な栄養素の一つが糖分です。しかし、同じ糖分でもその多くは小腸で吸収されしまい、腸内フローラまで届きません。

オリゴ糖は糖の中でも、人間の消化酵素では消化しきれない特徴を持っており、大腸まで届いてくれるのです。

しかもオリゴ糖は普通のブドウ糖や砂糖などに比べてカロリーが半分以下、ダイエットにも優しい糖なのです。

最近では、純粋な甘味料として添加されることも増えてきていますね。

腸内環境に悩んでいる人におすすめのサプリランキング

1位:値段・成分・口コミ含め圧倒的No1『善玉元気』

メーカー
株式会社白木屋
容量
30包(30日分)
価格
6,980円(税別)
定期購入
初回2,700円(税別)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • NHKスペシャルで特集された「短鎖脂肪酸」を直接配合
  • 製法特許取得済みの「乳酸菌発酵エキス」がウリ
  • はちみつ(オリゴ糖)や水溶性食物繊維、アンチエイジング成分も豊富
  • スティック型のゼリータイプで飲みやすい
  • 合成着色料・合成保存料・防腐剤などの添加物不使用

ヨッシーの視点

まず、何より驚くべきは販売元の企業が、1953年創業の歴史ある会社で、しかも実質無借金経営をしている会社だ、ということです。

10年で99%の会社が潰れると言われる中で、これだけ長い間生き残り続けられるのは本当にすごいことです。

加えてこの商品の最大のウリである「乳酸菌発酵エキス」は、東京大学名誉教授であり乳酸菌研究の第一人者である光岡知足教授も太鼓判を押す「バイオジェニクス」と呼ばれる食品に該当するということ。(詳細は下記の関連記事参照のこと)

さらにゼリータイプなのに、アスパルテームや果糖ブドウ糖液糖などの人体への影響が心配されている人工甘味料を使わずに、蜂蜜の甘さやクエン酸などで飲みやすくしているところにも企業努力が垣間見えます。

はっきり言って、ほとんどの文句の付けのどころがありません。(唯一不溶性の食物繊維だけ入っていないのは残念)

ヨッシー

比較的始めやすい価格・粒が苦手な日本人向けのゼリータイプ・安全性への配慮など、色々な気遣いが感じられます。

 

総合力で文句なしの1位に。

61%OFFのお得な買い方はこちら

2位:Twitter・Instagramで口コミの嵐「乳酸菌革命」

メーカー
株式会社健康いきいき倶楽部
容量
62粒(1ヶ月分、1日2粒 〜6粒目安)
価格
3,000円(税別)
定期購入
2,750円(税別)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • 乳酸菌生成物質を豊富に配合
  • ビフィズス菌・カゼリ菌・ラブレ菌などの乳酸菌が16種類配合
  • 2粒でヨーグルト10個分(1000億個)の乳酸菌
  • 有胞子性乳酸菌、水溶性食物繊維・オリゴ糖も配合で好バランス
  • 添加物不使用で妊婦さんやお子さんも安心

ヨッシーの視点

この商品の「乳酸菌生成物質」も1位の「善玉元気」に含まれている乳酸菌発酵エキスと同じものを使用していると思われます。

個人的に良いなと思ったのは、販売から3回のバージョンUPを繰り返し、「乳酸菌生成物質」をより良いものに変えて来た、というところ。

また成分に関しても、バイオジェニクス・プロバイオティクス・プレバイオティクスといった腸内環境を整えるとされている成分がバランスよく配合されています。

何よりSNS上での口コミのステマっぽさが一切なく信頼できるのと、かつその投稿数の多さがお客さんの満足度を象徴しています。

ヨッシー

より良いものづくりを目指して、成分を変えたりパッケージを変えたりするのは、真剣にユーザーの声を聞いている証拠です!

1,300円分のルイボスティー付きの買い方はこちら

3位:アトピー持ちの心強い味方「アレルナイトプラス」

メーカー
オリエンタルバイオ株式会社
容量
30本(30日分)顆粒タイプ
価格
9,000円(税込)
定期購入
5,980円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • 植物性乳酸菌を1000億個配合
  • アトピーに悩んでいた村上佳菜子さんが公式キャラクターに
  • 美容に嬉しいビタミン類、ビオチンなども配合
  • GABAなどのストレス社会と闘うための成分も一緒に

ヨッシーの視点

会社の公式HPなどに原料や研究へのこだわりについてのページを載せているのは高評価です。(載せていない会社もたくさんあります)

こういった姿勢は健康市場にいる企業の姿勢として信用できる要素の一つです。

加えて、公には明言していない(サプリメントは病気の治癒を目的に飲むものではないため)ものの、完全にアトピー性皮膚炎で悩んでいる人たちに対してこの商品を訴求していることが伺えます。

飲みやすくするために、人工甘味料を使ってしまっているのが少しだけ安全性を減点しましたが、それを補ってあまりある会社の信用性が担保されているので、3位にランクイン。

困っている人には救世主になる可能性があります。

ヨッシー

夜のかゆみやイライラに悩む人は、関連記事の方もしっかり読んで判断してくださいね。

33%OFFのお得な買い方はこちら

4位:腸内環境のパイオニアが開発「ヘルスエイド®︎ビフィーナ®︎EX」

メーカー
森下仁丹株式会社
容量
30袋(30日分)
価格
5,400円(税込)
定期購入
初回3,980円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を100億個配合
  • 臨床データを公式に公開(科学的な効果が実証されている)
  • ビフィズス菌を腸内まで届けるカプセルを開発
  • 飲みやすい顆粒タイプ
  • 創業125周年の東証2部上場の信頼できる企業が開発

ヨッシーの視点

森下仁丹株式会社は、なんと創業が1893年です!!!すごすぎ。

これだけで信頼ができる企業の商品なんだなと感じるのですが、なんとビフィズス菌の研究を始めたのが30年も前。

つまり「腸内環境!腸内環境!」と騒がれ始める前からずっとこの道の研究を続けてきたパイオニア的な存在です。

会社の信用性は問題ないのですが、善玉菌一本勝負!な製品なので、食物繊維不足が原因で不調になっている人には、体感が出にくいかもしれません。

ただし機能性表示といって、「便通が良くなる」ことを科学的にお墨付きをもらっているので、サイエンスのデータを信じたい!という人にとってはオススメの商品と言えるでしょう。

ヨッシー

3位と迷ったのですが、あくまでも腸内環境全体とカバーできるか?と言われると少し自信がなかったので4位に。

26%OFFのお得な買い方はこちら

5位:初回900円で始めやすい「ビフィリゴ10000」

メーカー
株式会社ECスタジオ
容量
60粒(1日2粒で30日分)
価格
6,000円(税込)
定期購入
初回900円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • 機能性表示食品である(便秘への科学的有効性が認められている)
  • 排便回数が有意に増えた臨床データがある
  • ビフィズス菌BB536を20億個、乳酸菌EC-12を1600億個を1日分に配合

ヨッシーの視点

運営元の株式会社ECスタジオはサプリメント販売で有名な会社です。

「作り慣れている」「売り上げがきちんと立っている」という点ではそれなりに信頼できる企業さんだと言えるでしょう。

消費者庁に届け出をしているのが評価ポイント。臨床データを公開しているのもGOODですね。

ただ、善玉菌の種類やその他の成分の少なさが他の商品と比べると目立ちます。

その値段ならもうちょっと入れても良かったのでは?と思ったのがマイナスポイント。

ヨッシー

とはいえ、初回が900円で始められるのは予算に悩む人にとっては嬉しいポイントですね。

初回900円のお得な買い方はこちら

6位:話題のデブ菌とやせ菌に注目!「121種類の酵素と乳酸菌」

メーカー
キュアメディカル株式会社
容量
120粒(30日分)
価格
4,980円(税込)
定期購入
初回980円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • スマート乳酸菌®︎と121種類の酵素を配合 
  • 大豆の食物繊維と5種類のオリゴ糖が腸内環境をサポート
  • 偏りがちな栄養バランスの足りないところを、代謝を活性化させる酵素
  • 香料・着色料・保存料などの食品添加物は一切使用していない

ヨッシーの視点

記事内でも取り上げた、デブ菌とやせ菌について訴求していたのでランクイン!
 
しかしスマート乳酸菌®︎の本来の訴求ポイントであるポリフェノール吸収力UPを活かして、ポリフェノールの入れないのはなぜだろう?という疑問が。
 
加えて生の食物酵素は、そのまま体内に取り入れても吸収されずにその活力を失ってしまうことを指摘する専門家もいます。
 
その点に関しても特に考慮せずに「とりあえずブッコミました!」感がするため、科学的な根拠が薄いために下位ランクに。
 
ただ、食品添加物を使っていないところ、そして価格が安いところは高評価です。

ヨッシー

こちらも初回購入が980円で試すことができます。

初回80%OFFのお得な買い方はこちら

あまりオススメできないサプリメントランキング

さて、ここからは「あまりオススメできない」サプリを紹介していきます。

あまりオススメできないサプリメントを紹介するのは、「なぜオススメできないのか?」をお伝えすることで、サプリメントを見る目を養ってほしいという思いがあるからです。

またこれまでのサプリメントをオススメした理由も逆説的に理解してもらえるかな、という理由もあります。

7位:配合量に疑問「腸活の素~トリプルフローラタブレット~」

メーカー
株式会社GEウェルネス
容量
60粒(30日分)
価格
5,000円(税別)
定期購入
初回980円(税込別)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • 特許取得の納豆菌を使用
  • 納豆菌・有胞子性乳酸菌・ビフィズス菌の「トリプル」サポート
  • オリゴ糖と水溶性の食物繊維も配合
  • 飽きのこないヨーグルト味で続けやすい

ヨッシーの視点

配合成分のバランスも必要なものはだいたい揃っています。

ですが、ここに意外な落とし穴があります。それが配合「量」。

2粒あたりの配合量は、納豆菌が25億個、有胞子性乳酸菌が5億個、ビフィズス菌が60億個入っています。

実はこれはとても少ない量で、腸内細菌は何兆という単位が存在しているので、数億〜数十億個とったところで、大した変化が起こらないんです。

これは前述の東大の名誉教授である光岡教授も言っている事です。

そしてヨーグルト味を実現するためなのか、人工甘味料の中で特にその安全性が懸念されているアスパルテームやL-フェニルアラニン化合物が入ってしまっています。

人工甘味料使うぐらいならヨーグルト味要らないのにというのが、個人的な意見です。

ヨッシー

サプリメントを見るときは「効果的な配合量」にも注目するようにしましょう。

8位:口コミがステマっぽい?「LAKUBI」

メーカー
株式会社ビアンネ
容量
31粒(1ヶ月分)
価格
3,800円(税込)
定期購入
初回300円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • 短鎖脂肪酸を作る能力が高い「酪酸菌」を1700万個配合
  • オリゴ糖&ビフィズス菌B-13で酪酸菌をサポート
  •  @コスメの口コミ数約600件(口コミはこちら

ヨッシーの視点

まず配合量が菌の1700万個なんて少なすぎます。

ビフィズス菌B-13も悪いものではないのですが、配合量の記載がなかったので信頼性もマイナスに。

何よりも広告費にお金を使いすぎです。藤本美貴さんや熊田曜子さんなどの有名モデルにPRを依頼したり、@コスメにも明らかに口コミを”作りに行って”います。

実際に口コミを読んでも、素人が使ったらしい口コミではなく、企業から「頼まれて」書かれているなと思うものがほとんどです。

ヨッシー

広告費にお金かけるなら、中身にお金をかけてほしいですよね。

9位:会社が怪しすぎる「DREXEL CORE」

メーカー
株式会社ジャクトリンク
容量
90カプセル(1ヶ月分)
価格
14,800円(税込)
定期購入
初回1,980円(税込)
成分評価
安全性評価
信用性評価

製品の特徴

  • ビフィズス菌などの18種類の乳酸菌で腸内環境を整える
  • 納豆菌の働きによって乳酸菌やビフィズス菌が増殖・安定化し、相乗効果を生んでいる
  • オリゴ糖・水溶性、不溶性食物繊維も配合
  • 消化吸収を助ける310種類の食物酵素も配合

ヨッシーの視点

腸内細菌を整えるために必要なものは全部ぶっこんだ、という強い姿勢を感じるサプリメントです。

乳酸菌の配合量も2000億個とそれなりの量が入っています。

しかも放射能検査や重金属検査まで行なっているので、安全性にもかなり配慮しています。

値段はかなり張りますが、それなりの値段になっている根拠はあります。

しかし、販売元の会社についての情報が全く出てこないのです。ジャクトリンクと検索しても出てくるのはこの商品のページ。

代表取締役の名前で検索しても全くヒットしなかったので、「一体誰が作ってるのか?」全く見えてきません。

もしかしたらできたての会社で、その辺の情報発信が追いついていない、という可能性がありますので、もしきちんと会社の情報が出てくれば、上位掲載をし直したいと考えています。

現段階では僕は「信用できない」と考えますが、「そういうのは気にしないよ」という人なら試して見る価値はありそうです。

ヨッシー

会社のHPが怪しい、というのは消費者の気持ちを理解してない証拠だと考えています。

腸内環境サプリメントの摂り方&選び方Q&A

Q:単発購入と定期購入はどちらの方がいいんですか?

定期購入の方がいいです。ただし、お財布と要相談です。

なぜどの会社の製品も定期購入のコースを用意しているか、その理由をお伝えしますね。

人の細胞は日々生まれ変わりを繰り返しているのですが、体内の細胞が全部入れ替わるのには約半年かかると言われています。

そのため、一ヶ月間だけサプリメントをとっても、それによって新しくできるいい細胞に切り替わるまでタイムラグあるのです。

つまり一ヶ月分の量では体感を感じにくいんです。

体感を出してもらうためにも企業は定期購入コースを用意しているのです。

もちろん、定期購入の方が企業側も儲かる、という側面があることは否定しません。

ただ、からだが本質的に変わるのには時間がかかるものだ、ということは知っておくべきことでしょう。

Q:1日に飲む量の目安は守るべきですか?

基本的にはメーカーが指定した目安量で飲むことをオススメします。

しかし、それでは体感が出ない人がいることも事実です。

目安量で体感が出ない場合は、1日の摂取量を少しずつ増やしていってみてください。そこで体感が出た量が、あなたにとって適切な量だったという目安になります。

ただし、一度に大量にドバッととるのはNGです。過ぎたるはなお、及ばざるが如し。何事もバランスが大事です。

Q:販売元の企業で評価するのはなぜですか?

製品の魅力は「盛る」ことができますが、企業の信用度は「盛る」ことができないからです。

いい製品はいい企業によって生まれます。

いい企業には「いい製品を作り、売上が上がり、経営が安定し、いい人材を採用できるから、さらにいい製品が作れるようになる」というサイクルで動いているので、企業を見ればその製品がいいものかどうかはある程度わかります。

もちろん、大企業がしょうもない製品を作っていることもありますので、企業名からだけでは良し悪しは判断できません。

あくまで視点の一つです。

Q:大手企業の商品が紹介されていないのはなぜですか?

ランキングを読んでいて、いわゆる「乳酸菌といえばここ」と思い浮かぶ企業の商品がなかったのを不思議に感じた人もいるかもしれません。

理由は「原価率」にあります。

そもそも大手の企業は、TVCMなどの宣伝費にお金をすごくかけているので、その分もコミコミで値段が付いているんですね。

例えば、3,000円のサプリメントが売っているとしたら、1,500円は宣伝費として計上されていたりします。

つまり、消費者が実際に買うのは1500円分で、さらにその「成分だけ」でみるなら100円分(だいたい3%)なのです。

一方CMをバンバンかけていない企業の商品は、同じ3,000円の商品でも、宣伝費にかかっている費用が少ないので、原価にかけるお金を300円分とか500円分ぐらいにまで引き上げられるんですね。

同じ3,000円でも、100円分の効果しかないものと、500円分の効果があるものがあるなら、当然500円分の効果がある方を選びたいですよね。

ですから、より良いものを紹介しようと思うと、どうしても宣伝広告費にたくさんお金をかけている有名企業の製品は、オススメできないんですね。

サプリメントで腸内環境を整える習慣を

ヨッシー

フローラちゃん、今回は細かい説明までありがとう!

 

おかげで読者さんも、腸内環境(腸内細菌・フローラ)についての理解が深まったんじゃないかな!

フローラちゃん

本当?それは嬉しいわ!でも、頭だけ賢くなってもダメだよ。

 

脳と腸は繋がってるんだから、せっかくの学びを腸内環境の改善に変えていってね!

ヨッシー

本当に知れば知るほど、腸内環境って大事なんだって思い知らされたよ…

 

本当に体の中の基礎の部分を作っているんだね。

 

美容にもダイエットにも、そして病気にならない体づくりのためにも、サプリメントを上手に使いながら腸内フローラを整えていくことにするよ!

フローラちゃん

では最後にもう一度!

 

今日からあなたも腸内美人!

この記事を書いたライター

ヨッシー

最後までご精読くださり、ありがとうございます。

私たちはこれからも「あなたの選択」に寄り添った記事を作成して参ります。

ご意見・ご要望・ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するラベル

ページトップへ